カレンダー

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第6章第39節

2013.12.28 Saturday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

एतन् मे संशयं कृष्ण
etan me saṁśayaṁ kṛṣṇa
エータン メー サンシャヤン クリシュナ
私のこの疑惑を、クリシュナよ


etat【中性・単数・対格、指示代名詞 etad】[~に、~を]これ
me【単数・属格、一人称代名詞 mad(mamaの附帯形)】[~の、~にとって]私
saṁśayam【男性・単数・対格 saṁśaya】[~に、~を]~に関する疑い、疑わしさ、不確実さ、懸念、ためらい;疑わしい事柄;~に対する危険、冒険
kṛṣṇa【男性・単数・呼格 kṛṣṇa】[~よ]クリシュナ神;黒い羊飼い

छेत्तुम् अर्हस्य् अशेषतः ।
chettum arhasy aśeṣataḥ |
チェーットゥン アルハシ アシェーシャタハ
残らず断ち切ってください


chettum【√chidの不定詞】[~するため、~すべく、~すること]切る、切り落とす、切り倒す;断つ;刺し通す;破壊する
arhasi【二人称・単数・パラスマイパダ・現在 √arh】[あなたは~]~できる、資格がある、権利がある;~すべきである、余儀なくさせられる;責を負う;価値がある、匹敵する
aśeṣatas【副詞】残さず;全く、十分に、すべて

त्वदन्यः संशयस्यास्य
tvadanyaḥ saṁśayasyāsya
トヴァダンニャハサンシャヤスヤースヤ
あなた以外に、この疑惑の


tvadanyas【男性・単数・主格 tvadanya】あなた以外の
saṁśayasya【男性・単数・属格 saṁśaya】[~の、~にとって]~に関する疑い、疑わしさ、不確実さ、懸念、ためらい;疑わしい事柄;~に対する危険、冒険
asya【男性・単数・属格 指示代名詞 idam】[~の、~にとって]これ、この、彼

छेत्ता न ह्य् उपपद्यते ॥
chettā na hy upapadyate ||
チェーッター ナ ヒ ウパパディヤテー
破壊者は、存在しないから


chettā【男性・単数・主格 chettṛ】[~は、~が]樵夫;破壊者;(疑を)除く人、追放者
na【否定辞】~でない
hi【不変化辞】なぜならば、~のために;真に、確かに、実に
upapadyate【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 upa√pad】[彼は~、それは~]~に来る;(師)の許へ行く;~に(弟子)入りする;~に到達する、~を始める;起こる、生ずる、現れる;存在する;出来る、可能である;~に適する・適当である、~に値する

एतन्मे संशयं कृष्ण छेत्तुमर्हस्यशेषतः ।
त्वदन्यः संशयस्यास्य छेत्ता न ह्युपपद्यते ॥३९॥

etanme saṁśayaṁ kṛṣṇa chettumarhasyaśeṣataḥ |
tvadanyaḥ saṁśayasyāsya chettā na hyupapadyate ||39||
クリシュナよ、私のこの疑惑を、残らず断ち切ってください。
なぜなら、この疑惑を取り除ける方は、あなた以外に存在しないから。」

バガヴァッド・ギーター第6章第38節

2013.12.27 Friday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

कच्चिन् नोभयविभ्रष्टश्
kaccin nobhayavibhraṣṭaś
カッチン ノーバヤヴィブラシュタシュ
両者から脱落した者は、ではないのか?


kaccit【疑問副詞 kaccid】何か;~にないものを望むも;決して~ない
na【否定辞】~でない
ubhaya【男性】両方の
vibhraṣṭas【男性・単数・主格 vibhraṣṭa√bhraṃśの過去受動分詞】落ちた;(―゜)から逃れた;消失した;(―゜)において不成功な;(―゜)を奪われた
→ubhayavibhraṣṭas【男性・単数・主格、限定複合語】[~は、~が]両者において不成功な、両方を奪われた
※「両者」=「行為の道とヨーガの道」(シャンカラ)、「放擲とヨーガ」(ゼーナー)、「行為の道と知識の道」(マドゥスーダナ)(上村勝彦注)

छिन्नाभ्रम् इव नश्यति ।
chinnābhram iva naśyati |
チンナーブラム イヴァ ナッシャティ
ちぎれ雲のように消える


chinna√chidの過去受動分詞】切られた、切り取られた、切断された;刻目を付けられた;束縛された;失われた
abhram【中性・単数・主格 abhra】[~は、~が]曇天;(雨)雲;空
→chinnābhram【中性・単数・主格、同格限定複合語】[~は、~が]ちぎれ雲、断雲
iva【副詞】~のように、~と同様に、言わば
naśyati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √naś】[彼は~、それは~]失われる、滅する、没する、消える、去る;逃げる、避ける;無益である、徒労である

अप्रतिष्ठो महाबाहो
apratiṣṭho mahābāho
アプラティシュトー マハーバーホー
拠り所なく、クリシュナよ


apratiṣṭha【男性・単数・主格 apratiṣṭha】根拠のない、滅ぶべき、不安定な;価値のない
mahābāho【男性・単数・呼格 mahābāhu】[~よ]強大な腕力を持つ(者)、長い腕を持つ(者)、強い臂を持つ(者)。ここではクリシュナのこと。

विमूढो ब्रह्मणः पथि ॥
vimūḍho brahmaṇaḥ pathi ||
ヴィムードー ブラフマナハ パティ
ブラフマンの道において迷い


vimūḍhas【男性・単数・主格 vimūḍhavi√muhの過去受動分詞)】~に関して途方に暮れた、当惑した、不確実な;愚かな
brahmaṇas【中性・単数・属格 brahman】[~の、~にとって]聖智に満ちた者、婆羅門;祭官とくにヴェーダ祭式を総監する祭官;ブラフマンを神格化した最高神、梵天、宇宙の創造者として保持者ヴィシュヌおよび破壊神シヴァとともにトリムルティを形成する神格;理性
pathi【男性・単数・処格 path】[~において、~のなかで]路、道、小路;旅程;正路;地獄

कच्चिन्नोभयविभ्रष्टश्छिन्नाभ्रमिव नश्यति ।
अप्रतिष्ठो महाबाहो विमूढो ब्रह्मणः पथि ॥३८॥

kaccinnobhayavibhraṣṭaśchinnābhramiva naśyati |
apratiṣṭho mahābāho vimūḍho brahmaṇaḥ pathi ||38||
二つの道から脱落した者は、拠り所なく、ブラフマンの道において迷い、
ちぎれ雲のように消えるのではないか?クリシュナよ。

バガヴァッド・ギーター第6章第37節

2013.12.26 Thursday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

अर्जुन उवाच ।
arjuna uvāca |
アルジュナ ウヴァーチャ
アルジュナは言った


arjunas【男性・単数・主格 arjuna】[~は、~が]アルジュナ
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は~した]言う、話す

अयतिः श्रद्धयोपेतो
ayatiḥ śraddhayopeto
アヤティヒ シュラッダヨーペートー
信仰をもった非苦行者は


ayatis【男性・単数・主格 ayati】[~は、~が]非苦行者;制御されない者
śraddhayā【女性・単数・具格 śraddhā】[~によって、~をもって]~に対する信用・信頼・信仰・信念;忠実、真摯、~に対する欲望・願望;好奇心 【形容詞】(為格)を信仰する、~を信頼する
upetas【男性・単数・主格 upetaupa√iの過去受動分詞)】到達した;近づいた;~に退いた;着手した;~に赴いた;~を所有した

योगाच्चलितमानसः ।
yogāccalitamānasaḥ |
ヨーガーッチャリタマーナサハ
ヨーガから逸脱した心をもつ


yogāt【男性・単数・従格 yoga】[~から、~より]ヨーガ、精神の集中、組織的な超脱法、瞑想、静慮、心統一
calita√calの過去受動分詞】震動した、不安定な;動いた;去った、出発した、歩いた;通常の道から逸れた、乱された、(心、感情等の)混乱した
mānasas【男性・単数・主格 mānasa】[~は、~が]心、精神
→calitamānasas【男性・単数・主格、所有複合語】[~は、~が]逸脱した心をもつ(人)、精神が不安定な(人)

अप्राप्य योगसंसिद्धिं
aprāpya yogasaṁsiddhiṁ
アプラープヤ ヨーガサンシッディン
ヨーガの完成に到達せず


aprāpya【a-pra√āpの未来受動分詞】得られない、到達されない
yogasaṁsiddhim【女性・単数・対格 yogasaṁsiddhi】[~に、~を]ヨーガの完成、ヨーガの成就

कां गतिं कृष्ण गच्छति ॥
kāṁ gatiṁ kṛṣṇa gacchati ||
カーン ガティン クリシュナ ガッチャティ
どのような道に行くか、クリシュナよ


kām【女性・単数・対格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
gatim【女性・単数・対格 gati】[~に、~を]行くこと、歩態、前進、動作、行動、飛行;退去、出発;行進、進行;成功;~の獲得;~に対する服従;路、進路、小径;出口;根源、根底;手段、方法、可能性;策略;避難所;状態、状況、条件、位置;性質;幸福;輪廻、人間の運命;風習
kṛṣṇa【男性・単数・呼格 kṛṣṇa】[~よ]クリシュナ神;黒い羊飼い
gacchati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √gam】[彼は~、それは~]行く、動く、歩む;去る、来る;止む、死す;~に近づく、~に達する、~を得る

अर्जुन उवाच ।
अयतिः श्रद्धयोपेतो योगाच्चलितमानसः ।
अप्राप्य योगसंसिद्धिं कां गतिं कृष्ण गच्छति ॥३७॥

arjuna uvāca |
ayatiḥ śraddhayopeto yogāccalitamānasaḥ |
aprāpya yogasaṁsiddhiṁ kāṁ gatiṁ kṛṣṇa gacchati ||37||
アルジュナは言った。
「信仰をもちながら、自制できず、心がヨーガから逸脱した者は、
ヨーガの完成に到達せず、どのような運命をたどるのでしょうか。

バガヴァッド・ギーター第6章第37節

2013.12.26 Thursday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

अर्जुन उवाच ।
arjuna uvāca |
アルジュナ ウヴァーチャ
アルジュナは言った


arjunas【男性・単数・主格 arjuna】[~は、~が]アルジュナ
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は~した]言う、話す

अयतिः श्रद्धयोपेतो
ayatiḥ śraddhayopeto
アヤティヒ シュラッダヨーペートー
信仰をもった非苦行者は


ayatis【男性・単数・主格 ayati】[~は、~が]非苦行者;制御されない者
śraddhayā【女性・単数・具格 śraddhā】[~によって、~をもって]~に対する信用・信頼・信仰・信念;忠実、真摯、~に対する欲望・願望;好奇心 【形容詞】(為格)を信仰する、~を信頼する
upetas【男性・単数・主格 upetaupa√iの過去受動分詞)】到達した;近づいた;~に退いた;着手した;~に赴いた;~を所有した

योगाच्चलितमानसः ।
yogāccalitamānasaḥ |
ヨーガーッチャリタマーナサハ
ヨーガから逸脱した心をもつ


yogāt【男性・単数・従格 yoga】[~から、~より]ヨーガ、精神の集中、組織的な超脱法、瞑想、静慮、心統一
calita√calの過去受動分詞】震動した、不安定な;動いた;去った、出発した、歩いた;通常の道から逸れた、乱された、(心、感情等の)混乱した
mānasas【男性・単数・主格 mānasa】[~は、~が]心、精神
→calitamānasas【男性・単数・主格、所有複合語】[~は、~が]逸脱した心をもつ(人)、精神が不安定な(人)

अप्राप्य योगसंसिद्धिं
aprāpya yogasaṁsiddhiṁ
アプラープヤ ヨーガサンシッディン
ヨーガの完成に到達せず


aprāpya【a-pra√āpの未来受動分詞】得られない、到達されない
yogasaṁsiddhim【女性・単数・対格 yogasaṁsiddhi】[~に、~を]ヨーガの完成、ヨーガの成就

कां गतिं कृष्ण गच्छति ॥
kāṁ gatiṁ kṛṣṇa gacchati ||
カーン ガティン クリシュナ ガッチャティ
どのような道に行くか、クリシュナよ


kām【女性・単数・対格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
gatim【女性・単数・対格 gati】[~に、~を]行くこと、歩態、前進、動作、行動、飛行;退去、出発;行進、進行;成功;~の獲得;~に対する服従;路、進路、小径;出口;根源、根底;手段、方法、可能性;策略;避難所;状態、状況、条件、位置;性質;幸福;輪廻、人間の運命;風習
kṛṣṇa【男性・単数・呼格 kṛṣṇa】[~よ]クリシュナ神;黒い羊飼い
gacchati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √gam】[彼は~、それは~]行く、動く、歩む;去る、来る;止む、死す;~に近づく、~に達する、~を得る

अर्जुन उवाच ।
अयतिः श्रद्धयोपेतो योगाच्चलितमानसः ।
अप्राप्य योगसंसिद्धिं कां गतिं कृष्ण गच्छति ॥३७॥

arjuna uvāca |
ayatiḥ śraddhayopeto yogāccalitamānasaḥ |
aprāpya yogasaṁsiddhiṁ kāṁ gatiṁ kṛṣṇa gacchati ||37||
アルジュナは言った。
「信仰をもちながら、自制できず、心がヨーガから逸脱した者は、
ヨーガの完成に到達せず、どのような運命をたどるのでしょうか。

バガヴァッド・ギーター第6章第36節

2013.12.25 Wednesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

असंयतात्मना योगो
asaṁyatātmanā yogo
アサンミャタートマナー ヨーゴー
自己制御できない者にとって、ヨーガは


asaṁyata【a-saṃ√yamの過去受動分詞】結合させられない;拘束させられない、妨げられない;制御されない;閉ざされない;注意せずに読誦する
ātmanā【男性・単数・具格 ātman】[~によって、~をもって]気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
→asaṁyatātmanā【男性・単数・具格、所有複合語 asaṁyatātman】[~によって、~をもって]制御されない自己をもつ、自己を制御しない
yogas【男性・単数・主格 yoga】[~は、~が]ヨーガ、精神の集中、組織的な超脱法、瞑想、静慮、心統一

दुष्प्राप इति मे मतिः ।
duṣprāpa iti me matiḥ |
ドゥシュプラーパ イティ メー マティヒ
達し難いと、私の考えは


duṣprāpa【男性・単数・主格 duṣprāpa】達し難い、得難い
iti【副詞】~と、~ということ、以上(しばしば引用句の後に置かれる)
me【単数・属格、一人称代名詞 mad(mamaの附帯形)】[~の、~にとって]私
matis【女性・単数・主格 mati】[~は、~が]敬虔な思想、祈祷、崇拝;讃歌;~に対する思考、腹案、意図、目的、決心、性向、欲望;意見、観念、印象、見解、信念;知覚、思想、知性、理解、意識、機知、感覚、判断、尊敬、尊重

वश्यात्मना तु यतता
vaśyātmanā tu yatatā
ヴァッシャートマナー トゥ ヤタター
しかし、自制して努力している者にとって


vaśya【男性】~の力・意志に従う、謙遜な、おとなしい、従順な
ātmanā【男性・単数・具格 ātman】[~によって、~をもって]気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
→vaśyātmanā【男性・単数・具格、所有複合語 vaśyātman】[~によって、~をもって]制御される自己をもつ、自制する
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
yatatā【男性・単数・具格・現在分詞 √yat】[~によって、~をもって]努力している、~しようと努めている、~に専念している、~を切望している

शक्यो ऽवाप्तुम् उपायतः ॥
śakyo 'vāptum upāyataḥ ||
シャキョー ヴァープトゥム ウパーヤタハ
正しい方法によって達成することができる


śakyas【男性・単数・主格 śakya√śakの未来受動分詞)】可能な、実行できる、であることができる;克服されるべき、征服できる;字義通りの、明白な
avāptum【ava√āpの不定詞】[~するため、~すべく、~すること]到達する;獲得する、取得する;遭遇する、蒙る、耐え忍ぶ
upāyatas【副詞】如才なく、器用に、方便をもって

असंयतात्मना योगो दुष्प्राप इति मे मतिः ।
वश्यात्मना तु यतता शक्योऽवाप्तुमुपायतः ॥३६॥

asaṁyatātmanā yogo duṣprāpa iti me matiḥ |
vaśyātmanā tu yatatā śakyo'vāptumupāyataḥ ||36||
自己制御できない者に、ヨーガは達成できないと、私は考える。
しかし、自制し努力する者は、正しい方法によって達成することができる。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227