カレンダー

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第8章第2節

2014.02.08 Saturday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

अधियज्ञः कथं को ऽत्र
adhiyajñaḥ kathaṁ ko 'tra
アディヤジュニャハ カタン コー トラ
最高の祭祀とは、何か、どのようなものか、この世において


adhiyajñas【男性・単数・主格 adhiyajña】[~は、~が]最高の供犠 【形容詞】供犠に関する
katham【疑問副詞】どうして、いかにして、なぜに
kas【男性・単数・主格、疑問代名詞 kim】[~は、~が]何、誰、なぜ、どんな、どのように
atra【副詞】ここに、この場所に、この点において;その際、その時に

देहे ऽस्मिन् मधुसूदन ।
dehe 'smin madhusūdana |
デーヘー スミン マドゥスーダナ
この身体において、クリシュナよ


dehe【中性・単数・処格 deha】[~において、~のなかで]身体;塊;形;型;大きさ、かさ(嵩);人、個人;形または姿を持つもの
asmin【男性・単数・処格、指示代名詞 idam】[~において、~のなかで]これ、この、ここ
madhusūdana【男性・単数・呼格 madhusūdana】[~よ]マドゥスーダナ(クリシュナの別名。名前は「(悪魔)マドゥを殺す者」の意)

प्रयाणकाले च कथं
prayāṇakāle ca kathaṁ
プラヤーナカーレー チャ カタン
また死期において、どのようにして

prayāṇakāle【男性・単数・処格 prayāṇakāla】[~において、~のなかで]死期;死
ca【接続詞】そして、また、~と
katham【疑問副詞】どうして、いかにして、なぜに

ज्ञेयो ऽसि नियतात्मभिः ॥
jñeyo 'si niyatātmabhiḥ ||
ジュニェーヨー シ ニヤタートマビヒ
あなたは知られるべきか、自制した人々によって


jñeyas【男性・単数・主格 jñeya√jñāの未来受動分詞)】知られるべき、学ばれるべき、了解せられるべき;取り調べられるべき
asi【二人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[あなたは~]ある、存在する、実在する
niyatani√yamの過去受動分詞】(処格)に結ばれた;握りしめられた;阻止された、抑制された;禁止された、中断された;確定された、確立された、固定した;不変な、一定した;制限された;~に専心する
ātmabhis【男性・複数・具格 ātman】[~らによって、~らをもって]気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
niyatātmabhis【男性・複数・具格 niyatātman】[~らによって、~らをもって]自制心のある、自制した

अधियज्ञः कथं कोऽत्र देहेऽस्मिन्मधुसूदन ।
प्रयाणकाले च कथं ज्ञेयोऽसि नियतात्मभिः ॥२॥

adhiyajñaḥ kathaṁ ko'tra dehe'sminmadhusūdana |
prayāṇakāle ca kathaṁ jñeyo'si niyatātmabhiḥ ||2||
この世界において、最高の祭祀とは何であり、どのようなものか、クリシュナよ。
また死期に自己を制した人々は、どのようにしてあなたを知るのか。」

バガヴァッド・ギーター第8章第1節

2014.02.07 Friday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

अर्जुन उवाच ।
arjuna uvāca |
アルジュナ ウヴァーチャ
アルジュナは言った


arjunas【男性・単数・主格 arjuna】[~は、~が]アルジュナ
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は~した]言う、話す

किं तद् ब्रह्म किम् अध्यात्मं
kiṁ tad brahma kim adhyātmaṁ
キン タッド ブラフマ キム アディヤートマン
かのブラフマンとは何か、至高の自己(アートマン)とは何か


kim【中性・単数・主格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
tat【中性・単数・主格、指示代名詞 tad】[~は、~が]それ、あれ、これ
brahma【中性・単数・主格 brahman】[~は、~が]聖智に満ちた者、婆羅門;祭官とくにヴェーダ祭式を総監する祭官;ブラフマンを神格化した最高神、梵天、宇宙の創造者として保持者ヴィシュヌおよび破壊神シヴァとともにトリムルティを形成する神格;理性
kim【中性・単数・主格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
adhyātmam【中性・単数・主格 adhyātma】[~は、~が]至上の霊、行動の作因としての霊 【形容詞】自己の、自己に特有な 【副詞 adhyātmam】自己・個性に関して

किं कर्म पुरुषोत्तम ।
kiṁ karma puruṣottama |
キン カルマ プルショーッタマ
行為とは何か、クリシュナよ


kim【中性・単数・主格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
karma【中性・単数・主格 karman】[~は、~が]行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業
puruṣottama【男性・単数・呼格 puruṣottama】[~よ]最上の人;優れた召使;最高の存在、最高我;[ヴィシュヌ神、クリシュナ神の称];[諸人の名]

अधिभूतं च किं प्रोक्तम्
adhibhūtaṁ ca kiṁ proktam
アディブータン チャ キン プロークタム
また最高の存在と言われたのは何か


adhibhūtam【中性・単数・主格 adhibhūta】[~は、~が](行為者の行動する)限界・目的;至上の霊
ca【接続詞】そして、また、~と
kim【中性・単数・主格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
proktam【中性・単数・主格 proktapra√vacの過去受動分詞)】宣言された、教えられた、記述された;言われた、語られた;~であると宣言された、と称された、説かれた

अधिदैवं किम् उच्यते ॥
adhidaivaṁ kim ucyate ||
アディダイヴァン キム ウッチャテー
最高の神格と言われたのは何か


adhidaivam【男性・単数・主格 adhidaiva】[~は、~が]最高神;守護神
kim【中性・単数・主格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
ucyate【三人称・単数・現在・受動活用 √vac】[彼は~される、それは~される]言う、話す

अर्जुन उवाच ।
किं तद्ब्रह्म किमध्यात्मं किं कर्म पुरुषोत्तम ।
अधिभूतं च किं प्रोक्तमधिदैवं किमुच्यते ॥१॥

arjuna uvāca |
kiṁ tadbrahma kimadhyātmaṁ kiṁ karma puruṣottama |
adhibhūtaṁ ca kiṁ proktamadhidaivaṁ kimucyate ||1||
アルジュナは言った。
「かのブラフマンとは何か、至高の自己(アートマン)とは何か、行為とは何か、クリシュナよ。
またあなたが最高の存在と言われたものは何か、最高の神格と言われたものは何か。

バガヴァッド・ギーター第7章第30節

2014.02.06 Thursday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

साधिभूताधिदैवं मां
sādhibhūtādhidaivaṁ māṁ
サーディブーターディダイヴァン マーン
私を、最高の存在と最高の神格を伴う


sa【接頭辞】(結合、共有、類似、同等を表現する、不可分離の不変化辞、一般に形容詞的合成語となる。)=所有する、着ている、含む、現す;~に伴われた、~と一緒に;~の他に、および;同一のものに属する、類似物をもっている、に似ている
adhibhūta【中性】(行為者の行動する)限界・目的;至上の霊
adhidaiva【男性】最高神;守護神
→sādhibhūtādhidaivam【男性・単数・対格 sādhibhūtādhidaiva】adhibhūtaおよびadhidaivaを伴う
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私

साधियज्ञं च ये विदुः ।
sādhiyajñaṁ ca ye viduḥ |
サーディヤジュニャン チャ イェー ヴィドゥフ
最高の祭祀を伴うと、知る人々は


sa【接頭辞】(結合、共有、類似、同等を表現する、不可分離の不変化辞、一般に形容詞的合成語となる。)=所有する、着ている、含む、現す;~に伴われた、~と一緒に;~の他に、および;同一のものに属する、類似物をもっている、に似ている
adhiyajñam【男性・単数・対格 adhiyajña】[~に、~を]最高の供犠 【形容詞】供犠に関する
ca【接続詞】そして、また、~と
ye【男性・複数・主格、関係代名詞 yad】[~らは、~らが]~であるところの、~であるもの、~である人
vidus【三人称・複数・パラスマイパダ・完了 √vid】[彼らは~した、それらは~した]知る、理解する、気付く、学ぶ

प्रयाणकाले ऽपि च मां
prayāṇakāle 'pi ca māṁ
プラヤーナカーレー ピ チャ マーン
死期においても、私を


prayāṇakāle【男性・単数・処格 prayāṇakāla】[~において、~のなかで]死期;死
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
ca【接続詞】そして、また、~と
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私

ते विदुर् युक्तचेतसः ॥
te vidur yuktacetasaḥ ||
テー ヴィドゥル ユクタチェータサハ
専心した彼らは知る


te【男性・複数・主格、指示代名詞 tad】[~らは、~らが]それ、あれ、彼
vidus【三人称・複数・パラスマイパダ・完了 √vid】[彼らは~した、それらは~した]知る、理解する、気付く、学ぶ
yukta√yujの過去受動分詞)】くびき(軛)につながれた、(処格)に従事した、~に専心した;(具格)に忙殺された、~に専念した;(処格)に熱中した;集中した
cetasas【男性・複数・主格 cetas】様子;光輝;自覚;知能;感官;心、精神、意志
→yuktacetasas【男性・複数・主格、所有複合語】精神を集中した、専心した

साधिभूताधिदैवं मां साधियज्ञं च ये विदुः ।
प्रयाणकालेऽपि च मां ते विदुर्युक्तचेतसः ॥३०॥

sādhibhūtādhidaivaṁ māṁ sādhiyajñaṁ ca ye viduḥ |
prayāṇakāle'pi ca māṁ te viduryuktacetasaḥ ||30||
最高の存在、最高の神格、そして最高の祭祀と私は同一であると知る人々は、
死期においても、私に専心し、私を知る。

バガヴァッド・ギーター第7章第29節

2014.02.05 Wednesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

जरामरणमोक्षाय
jarāmaraṇamokṣāya
ジャラーマラナモークシャーヤ
老いと死からの解放のために


jarā【女性】老齢、老い;老年期
maraṇa【中性】死ぬこと;死;死滅、停止
mokṣāya【男性・単数・為格 mokṣa】[~に、~のために]~からの解放・釈放・脱出;(未来の)輪廻からの解放、永遠の解脱
→jarāmaraṇamokṣāya【男性・単数・為格、限定複合語】[~に、~のために]老いと死からの解放

माम् आश्रित्य यतन्ति ये ।
mām āśritya yatanti ye |
マーム アーシュリティヤ ヤタンティ イェー
私に帰依して、努力する人々は


mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
āśritya【絶対分詞 ā√śri】[~して、~してから]~に付着する;~に寄りかかる・に付着する・に訴える・に避難する、~に執着する・に頼る;~に赴く・来る・達する
yatanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 √yat】[彼らは~、それらは~]立ち現れる、整列する;競う;(具格)と結合する;(処格)と結合されたいと努める、~に到達しようと試みる;~を得ようと努める、~をしようと努める、~に専念する、~を切望する;尽力する;用心する;(対格)に予め備える
ye【男性・複数・主格、関係代名詞 yad】[~らは、~らが]~であるところの、~であるもの、~である人

ते ब्रह्म तद् विदुः कृत्स्नम्
te brahma tad viduḥ kṛtsnam
テー ブラフマ タッド ヴィドゥフ クリツナム
彼らは、かのブラフマンのすべてを知る


te【男性・複数・主格、指示代名詞 tad】[~らは、~らが]それ、あれ、彼
brahma【中性・単数・対格 brahman】[~に、~を]聖智に満ちた者、婆羅門;祭官とくにヴェーダ祭式を総監する祭官;ブラフマンを神格化した最高神、梵天、宇宙の創造者として保持者ヴィシュヌおよび破壊神シヴァとともにトリムルティを形成する神格;理性
tat【中性・単数・対格、指示代名詞 tad】[~に、~を]それ、あれ、これ
vidus【三人称・複数・パラスマイパダ・完了 √vid】[彼らは~した、それらは~した]知る、理解する、気付く、学ぶ
kṛtsnam【中性・単数・対格 kṛtsna】すべての、全体の

अध्यात्मं कर्म चाखिलम् ॥
adhyātmaṁ karma cākhilam ||
アディヤートマン カルマ チャーキラム
至高の自己を、そしてすべての行為を


adhyātmam【中性・単数・対格 adhyātma】[~に、~を]至上の霊、行動の作因としての霊 【形容詞】自己の、自己に特有な 【副詞 adhyātmam】自己・個性に関して
karma【中性・単数・対格 karman】[~に、~を]行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業
ca【接続詞】そして、また、~と
akhilam【中性・単数・対格 akhila】亀裂のない、全体の、すべての 【副詞】全然、全く

जरामरणमोक्षाय मामाश्रित्य यतन्ति ये ।
ते ब्रह्म तद्विदुः कृत्स्नमध्यात्मं कर्म चाखिलम् ॥२९॥

jarāmaraṇamokṣāya māmāśritya yatanti ye |
te brahma tadviduḥ kṛtsnamadhyātmaṁ karma cākhilam ||29||
老いと死からの解放のために、私に帰依して、努力する人々は、
かのブラフマンを、至高の自己を、そして行為のすべてを知る。

バガヴァッド・ギーター第7章第28節

2014.02.04 Tuesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

येषां त्व् अन्तगतं पापं
yeṣāṁ tv antagataṁ pāpaṁ
イェーシャーン トヴ アンタガタン パーパン
しかし、それらの罪悪が消滅した


yeṣām【男性・複数・属格、関係代名詞 yad】[~らの、~らにとって]その、あの、彼
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
antagatam【中性・単数・主格 antagata】終末に達した;最後の
pāpam【中性・単数・主格 pāpa】[~は、~が]罪、悪、不正、悪事

जनानां पुण्यकर्मणाम् ।
janānāṁ puṇyakarmaṇām |
ジャナーナーン プンニャカルマナーム
善行の人々の


janānām【男性・複数・属格 jana】[~らの、~らにとって]生物;人、個人;民族、種族;人民、臣民;人々
puṇyakarmaṇām【中性・複数・属格 puṇyakarman】正義の、有徳の 【中性名詞】有徳の行為

ते द्वन्द्वमोहनिर्मुक्ता
te dvandvamohanirmuktā
テー ドヴァンドヴァモーハニルムクター
彼らは相対の迷妄から解放され


te【男性・複数・主格、指示代名詞 tad】[~らは、~らが]それ、あれ、彼
dvandvamoha【男性】正反対の事物・疑念から起こる難事、不安
nirmuktā【男性・複数・主格 nirmuktanir√mucの過去受動分詞)】解放された、(具格)から逃れた;(従格)から救われた;(従格、―゜)のない;分離された;放棄された、失われた、過ぎ去った;投げられた、放たれた;脱皮した(蛇);(―゜)を奪われた・欠いた
→dvandvamohanirmuktā【男性・複数・主格、限定複合語】相対の迷妄から解放された

भजन्ते मां दृढव्रताः ॥
bhajante māṁ dṛḍhavratāḥ ||
バジャンテー マーン ドリダヴラターハ
私を心から信愛する


bhajante【三人称・複数・アートマネーパダ・現在 √bhaj】[彼は~、それは~]分配する、分かつ;実行する、従う、守る;好意を示す;愛する;尊敬する、崇め尊ぶ、崇拝する
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
dṛḍhavratās【男性・複数・主格 dṛḍhavrata】誓約に忠実な;目的の確固とした;(処格)を固持する;心から(―゜)に帰依した

येषां त्वन्तगतं पापं जनानां पुण्यकर्मणाम् ।
ते द्वन्द्वमोहनिर्मुक्ता भजन्ते मां दृढव्रताः ॥२८॥

yeṣāṁ tvantagataṁ pāpaṁ janānāṁ puṇyakarmaṇām |
te dvandvamohanirmuktā bhajante māṁ dṛḍhavratāḥ ||28||
しかし、罪悪が消滅した善行の人々は、
相対の迷妄から解放され、私を心から信愛する。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227