カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第8章第9節

2014.02.20 Thursday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

कविं पुराणम् अनुशासितारम्
kaviṁ purāṇam anuśāsitāram
カヴァン プラーナム アヌシャーシターラム
太古の聖者、指導者を


kavim【男性・単数・対格 kavi】[~に、~を]思索家、賢人、聖者、預言者;詩人;金星(遊星の)
purāṇam【男性・単数・対格 purāṇa】古代に属する、初期の、昔の、太古の、古い
anuśāsitāram【男性・単数・対格 anuśāsitṛ】[~に、~を]指導者、教師

अणोर् अणीयांसम् अनुस्मरेद् यः ।
aṇor aṇīyāṁsam anusmared yaḥ |
アノール アニーヤーンサム アヌスマレード ヤハ
極微よりさらに微細な者を、憶念できる者は


aṇos【男性・単数・従格 aṇu】[~から、~より]原子、極微 【形容詞】微少な、微細な、繊細な
aṇīyāṁsam【男性・単数・対格 aṇīyasaṇuの比較級)】[より~、更に~]微少な、微細な、繊細な
anusmaret【三人称・単数・パラスマイパダ・願望法 anu√smṛ】[彼は~だろう、彼は~するべき、彼は~できる]記憶する、(対格)を思い出す;(罪を)告白する
yas【男性・単数・主格、関係代名詞 yad】[~は、~が]~であるもの、~である人

सर्वस्य धातारम् अचिन्त्यरूपम्
sarvasya dhātāram acintyarūpam
サルヴァッスヤ ダーターラム アチンティヤルーパム
一切の創造者、不可思議の姿をもつ者を


sarvasya【男性・単数・属格 sarva】[~の、~にとって]すべての、一切の、各々の;全体の
dhātāram【男性・単数・対格 dhātṛ】[~に、~を]支持者、建設者;保護者;創始者、造物者;(世界の)創造者、維持者(=梵天またはプラジャーパティ);運命の神
acintya【中性】不可思議の、思議されない、考えられない
rūpam【中性・単数・対格 rūpa】[~に、~を]外観、色;夢・幻に現れる形;肖像、像、映像;文法上の形、派生語;美しい形、美、見目よいこと;現象;記号、指示、しるし、象徴、顕現;特徴、特質、性質;情況;類、種類;痕跡;単一の見本;戯曲
→acintyarūpam【中性・単数・対格、所有複合語】[~に、~を]不可思議の姿をもつ

आदित्यवर्णं तमसः परस्तात् ॥
ādityavarṇaṁ tamasaḥ parastāt ||
アーディティヤヴァルナン タマサハ パラスタートゥ
暗黒の彼方から太陽のように輝く者を


āditya【男性】アディティの息子;太陽神;太陽 【形容詞】アディティに属する、アディティに由来する
varṇam【男性・単数・対格 varṇa】種、カースト、種姓
→ādityavarṇam【男性・単数・対格 ādityavarṇa】[~に、~を]太陽色の
tamasas【中性・単数・従格 tamasa】[~から、~より]暗い;タマスの性質に関する、誤謬・無知と関係した、無知な;種々の
parastāt【副詞】遠くに、より遙かに、向こうに;上に、より高く;上より、前から、後から;後日、後に[時について]

कविं पुराणमनुशासितारमणोरणीयांसमनुस्मरेद्यः ।
सर्वस्य धातारमचिन्त्यरूपमादित्यवर्णं तमसः परस्तात् ॥९॥

kaviṁ purāṇamanuśāsitāramaṇoraṇīyāṁsamanusmaredyaḥ |
sarvasya dhātāramacintyarūpamādityavarṇaṁ tamasaḥ parastāt ||9||
太古の聖者、指導者、極微よりさらに微細な者、一切の創造者、
不可思議の姿をもつ者、暗黒の彼方から太陽のように輝く者を、憶念する人は、

バガヴァッド・ギーター第8章第8節

2014.02.19 Wednesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

अभ्यासयोगयुक्तेन
abhyāsayogayuktena
アッビャーサヨーガユクテーナ
常修のヨーガによって専心し


abhyāsa【男性】付加;反覆;実行;応用;常習、習慣;熟知;繰り返される読誦;研究
yoga【男性】ヨーガ、精神の集中、組織的な超脱法、瞑想、静慮、心統一;策略、詭計;呪術、魔術
yuktena【男性・単数・具格 yukta√yujの過去受動分詞)】くびき(軛)につながれた、(処格)に従事した、~に専心した;(具格)に忙殺された、~に専念した;(処格)に熱中した;集中した
→abhyāsayogayuktena【男性・単数・具格、限定複合語】常修のヨーガに集中した、常修のヨーガをもって専心した

चेतसा नान्यगामिना ।
cetasā nānyagāminā |
チェータサー ナーニヤガーミナー
他に向かわない心によって


cetasā【中性・単数・具格 cetas】[~によって、~をもって]様子;光輝;自覚;知能;感官;心、精神、意志
na【否定辞】~でない
anya-:他の、別の、異なる;~以外の
gāminā【男性・単数・具格 gāmin】(一般に(―゜)[合成語の終わり])行く・動く・歩む;~と性交する;~に達する・拡がる;~に帰する;~に相応する、~に適合する;得る、達成する;~に向けられた;~に関係する
→nānyagāminā【男性・単数・具格、限定複合語】他に向かわない

परमं पुरुषं दिव्यं
paramaṁ puruṣaṁ divyaṁ
パラマン プルシャン ディヴィヤン
神聖な至高のプルシャに


paramam【男性・単数・対格 parama】最も遠い、最も遠隔の、最も極端な、最後の;最高の、主な、第一位の;至高の、超越した;最も優秀な、最善の、最大の;最悪の;~より良い、~より大きな、~より悪い
puruṣam【男性・単数・対格 puruṣa】[~に、~を]人;人間;霊魂;個人の本体、普遍的霊魂、最高精神
divyam【男性・単数・対格 divya】天上の;神聖な;超自然の;魔術の;天界の;壮大な

याति पार्थानुचिन्तयन् ॥
yāti pārthānucintayan ||
ヤーティ パールターヌチンタヤン
彼は達する、アルジュナよ、念じつつ


yāti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √yā】[彼は~、それは~]動く、行く、歩く、赴く;前進する、行進する、敵に向かって前進する;旅行する;出立する、去る、立ち去る、離れる;遠ざかる;逃げる、逃れる;(道が)通ずる;通過する、過ぎ去る;消滅する、消失する;生起する、継起する;振舞う;~に達する;邂逅する;~に到着する
pārtha【男性・単数・呼格 pārtha】[~よ]プリターの息子。アルジュナのこと。
anucintayan【男性・単数・主格・現在分詞・使役活用 anu√cint】[~させている]想起する、思い出す;(対格)を思う、~を熟慮する、思量する

अभ्यासयोगयुक्तेन चेतसा नान्यगामिना ।
परमं पुरुषं दिव्यं याति पार्थानुचिन्तयन् ॥८॥

abhyāsayogayuktena cetasā nānyagāminā |
paramaṁ puruṣaṁ divyaṁ yāti pārthānucintayan ||8||
常修のヨーガによって専心し、他に向かわない心をもって念じつつ、
人は神聖な至高のプルシャに達する。アルジュナよ。

バガヴァッド・ギーター第8章第7節

2014.02.18 Tuesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

तस्मात् सर्वेषु कालेषु
tasmāt sarveṣu kāleṣu
タスマート サルヴェーシュ カーレーシュ
したがって、あらゆる時において


tasmāt【男性・単数・従格、指示代名詞 tad】それ故に、そのために、したがって、だから、その結果
sarveṣu【男性・複数・処格 sarva】[~らにおいて、~らのなかで]すべての、一切の、各々の;全体の
kāleṣu【男性・複数・処格 kāla】[~らにおいて、~らのなかで]時;機会;季節;食事;時間;年、時代;音律;運命;死;死の神

माम् अनुस्मर युध्य च ।
mām anusmara yudhya ca |
マーム アヌスマラ ユディヤ チャ
私を憶念せよ、そして戦え


mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
anusmara【二人称・単数・パラスマイパダ・命令法 anu√smṛ】[あなたは~せよ]記憶する、(対格)を思い出す;(罪を)告白する
yudhya【二人称・単数・パラスマイパダ・命令法 √yudh】[あなたは~せよ]戦う、戦争する;対戦する、攻撃する、征服する
ca【接続詞】そして、また、~と

मय्य् अर्पितमनोबुद्धिर्
mayy arpitamanobuddhir
マイ アルピタマノーブッディル
私に意(マナス)と知性を捧げれば


mayi【単数・処格、一人称代名詞 mad】[~において、~のなかで]私
arpita【男性】~に置かれた、適用させられた、~に交付させられた
manas【中性】心、内的器官、知性、理性、精神、良心、思考、意向、気分
buddhis【女性・単数・主格 buddhi】[~は、~が]知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
→arpitamanobuddhis【男性・単数・主格、所有複合語】意と知性を捧げた

माम् एवैष्यस्य् असंशयम् ॥
mām evaiṣyasy asaṁśayam ||
マーム エーヴァイシャシ アサンシャヤム
疑いなく、私に到達するだろう


mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
eṣyasi【二人称・単数・パラスマイパダ・未来 √i】[あなたは~だろう]行く、来る;到達する、遭う;去る、過ぎる
asaṁśayam【副詞】疑いなく、確かに

तस्मात्सर्वेषु कालेषु मामनुस्मर युध्य च ।
मय्यर्पितमनोबुद्धिर्मामेवैष्यस्यसंशयम् ॥७॥

tasmātsarveṣu kāleṣu māmanusmara yudhya ca |
mayyarpitamanobuddhirmāmevaiṣyasyasaṁśayam ||7||
したがって、あらゆる時に私を憶念し、そして戦いなさい。
私に意(マナス)と知性を捧げれば、あなたは疑いなく、私に到達するだろう。

シャバ・アーサナ

2014.02.17 Monday

インドで学ぶヨーガの中で、アーサナの修練はやはり、大きく重点を成すものとして存在しています。日々繰り返す修練を通じ、柔軟性や筋力などが着実に身につき、その繰り返しによって肉体が得るしなやかさとどっしりとした安定感は、落ち着きと共に、どんな時も自分自身を強く支えてくれるものです。

弛緩を繰り返したり、伸ばしたり縮めたり、自分自身のその小さな世界を意識的に見つめていくことは、とても興味深いものであり、その世界の中に引きこまれていく瞬間が何度もありました。

その修練の中でも欠かすことのできないもの、それがシャバ・アーサナ(屍のポーズ)です。このシャバ・アーサナは、最も難しいアーサナとして教えられ、今でも欠かさずに実践を続けているものの一つです。

意識的に働いた肉体を、意識的に休め落ち着かせること。そのシャバ・アーサナの中では、肉体だけでなく、感覚や思考もまた完全な落ち着きを得なければなりません。働くことが主たる目的である肉体や感覚、それを突き動かす心を静止することは、決して容易いことではなく、だからこそ、最も難しいアーサナとして位置づけられていることを、その実践の中で何度も実感してきました。

シャバ・アーサナは高度な精神集中でもあり、完全な静寂の中で、心身の働きが見失わせる潜在意識の奥にまで入り込むものであると言われます。かつての経験、思考、感覚など、あらゆるものが積み重なった潜在意識は、見知らぬところで私たちをさまざまに左右し、日常生活にも影響を与えています。そこに深く入り込み目覚めることによって、自分自身の歩む道をより良い方向へと、自分自身で転換することが可能となります。

屍のように完全な静寂が自分自身の肉体を覆う時、それは完全な解放を得たことにもなり得ます。目覚めた意識の中で、悟りとも言われるその境地を、ヨーガの修練は与えてくれます。一日の終わり、または休息を取る時、意識的に自分自身の肉体を安め、心や感覚もまた落ち着かせることができれば、日常の中でも多くの安らぎを得られるに違いありません。日々の生活の中にも生きるこの叡智を、どんな時も実践していたいと感じています。

(文章:ひるま)

バガヴァッド・ギーター第8章第6節

2014.02.12 Wednesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

यं यं वापि स्मरन् भावं
yaṁ yaṁ vāpi smaran bhāvaṁ
ヤン ヤン ヴァーピ スマラン バーヴァン
さらに、どのような状態を想いながら


yam【男性・単数・対格、関係代名詞 yad】[~に、~を]~であるもの、~である人
→yam yam【男性・単数・対格、関係代名詞 yadの反復】[~に、~を]誰でも、何でも、どちらでも
【不変化辞】あるいは、また;~のように、~と同様に;たとえ~であるとしても
smaran【男性・単数・主格、現在分詞 √smṛ】[~している]記憶する、心に留める、想起する、思い出す、遺憾に思う;伝える、教える、主張する;読誦する
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
→vā api:さらに、また

bhāvam【男性・単数・対格 bhāva】[~に、~を]生成すること、生起すること、起こること;(―゜)に変わること、(処格)に変化すること;在ること、存在;永続、存続;~である状態;あること・成ること;振る舞い、行状;状態、状況;階級、地位

त्यजत्य् अन्ते कलेवरम् ।
tyajaty ante kalevaram |
ティヤジャティ アンテー カレーヴァラム
最期に肉体を離れ


tyajati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √tyaj】[彼は~、それは~]罷る、見捨てる;棄てる;手放す;遺棄する;(場所より)去る;(人を)避ける;放置する、放つ;断念する、離れる、捨てる、護る
ante【男性・単数・処格 anta】[~において、~のなかで]端、縁辺、限界;近接;終局;死;末尾の文字、最後の文字[文法];(属格)の最高点、~の極致;結論;解決、決定;条件;内部;(―゜)をもって終わること
kalevaram【男性・単数・対格 kalevara】[~に、~を]身体

तं तं एवैति कौन्तेय
taṁ taṁ evaiti kaunteya
タン タン エーヴァイティ カウンテーヤ
まさにそれぞれに到達する、アルジュナよ


tam【男性・単数・対格、指示代名詞 tad】[~に、~を]これ、あれ、彼
→tam tam【男性・単数・対格、指示代名詞 tadの反復】[~に、~を]あれこれ、それぞれ
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
eti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √i】[彼は~、それは~]行く、来る;到達する、遭う;去る、過ぎる
kaunteya【男性・単数・呼格 kaunteya】[~よ]クンティーの息子、アルジュナの別名

सदा तद्भावभावितः ॥
sadā tadbhāvabhāvitaḥ ||
サダー タッドバーヴァバーヴィタハ
常に、その状態に応じて


sadā【副詞】始終、常に、何時でも
tat【中性・単数・主格、指示代名詞 tad】[~は、~が]それ、あれ、これ
bhāva【男性】生成すること、生起すること、起こること;(―゜)に変わること、(処格)に変化すること;在ること、存在;永続、存続;~である状態;あること・成ること;振る舞い、行状;状態、状況;階級、地位
bhāvitas【男性・単数・主格、過去受動分詞・使役活用 √bhū】生産された、開示された、得られた;(―゜)~に変形された;愛育された;上機嫌な、喜ばしい、得意の気分である;(自己の)力を意識した;想到された、考えられた、認められた、経験された、~によって夢中にさせられた;鼓舞された;(処格)の方へ向けられた;(―゜)を想像する・想像させる;芳香をもって薫ぜられた
→bhāvabhāvitas【男性・単数・主格、限定複合語】状態に変形した、状態の方へ向けられた

यं यं वापि स्मरन्भावं त्यजत्यन्ते कलेवरम् ।
तं तं एवैति कौन्तेय सदा तद्भावभावितः ॥६॥

yaṁ yaṁ vāpi smaranbhāvaṁ tyajatyante kalevaram |
taṁ taṁ evaiti kaunteya sadā tadbhāvabhāvitaḥ ||6||
さらに、どのような状態を想いながら、最期に肉体を離れても、
常にその状態に応じて、それぞれの状態に到達する。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227