カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第8章第16節

2014.03.01 Saturday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

आ ब्रह्मभुवनाल् लोकाः
ā brahmabhuvanāl lokāḥ
アー ブラフマブヴァナール ローカーハ
ブラフマンの世界に至るまで、諸世界は


ā【副詞】近く;外に、また;全く、ことごとく、正に;幾分か、少し;殆ど~ない;やや~な;~に達する、~まで;~を除いて;(従格)より;~に於いて、~の上に、~の中に、~の近くに
brahmabhuvanāt【中性・単数・従格 brahmabhuvana】[~から、~より]ブラフマン神の世界
lokās【男性・複数・主格 loka】[~らは、~らが]空間、余地、場所;地方、地帯、国;世界、宇宙の区分;天;地;人類、一般の人民、国民;男子(複数);(複)団体、仲間;日常生活、慣例、世事、俗事;視ること

पुनरावर्तिनो ऽर्जुन ।
punarāvartino 'rjuna |
プナラーヴァルティノー ルジュナ
回帰する、アルジュナよ


punarāvartinas【男性・複数・主格 punarāvartin】(現世の生活に)還る;(地上の生活へ)帰来させる
arjuna【男性・単数・呼格 arjuna】[~よ]アルジュナ

माम् उपेत्य तु कौन्तेय
mām upetya tu kaunteya
マーム ウペーティヤ カウンテーヤ
しかし、私に到達して、アルジュナよ


mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
upetya【絶対分詞 upa√i】[~して、~してから]近づく;赴く;会う;(対格)の徒弟となる;得る、到達する;受ける、入る;企てる、専注する;懇願する;現れる;起こる
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
kaunteya【男性・単数・呼格 kaunteya】[~よ]クンティーの息子、アルジュナの別名

पुनर्जन्म न विद्यते ॥
punarjanma na vidyate ||
プナルジャンマ ナ ヴィディヤテー
再生は存在しない


punarjanma【中性・単数・主格 punarjanman】[~は、~が]再生、更正;輪廻
na【否定辞】~でない
vidyate【三人称・単数・現在・受動活用 √vid】[それは~]ある、存在する、見られる

आब्रह्मभुवनाल्लोकाः पुनरावर्तिनोऽर्जुन ।
मामुपेत्य तु कौन्तेय पुनर्जन्म न विद्यते ॥१६॥

ābrahmabhuvanāllokāḥ punarāvartino'rjuna |
māmupetya tu kaunteya punarjanma na vidyate ||16||
ブラフマンの世界に至るまで、諸世界は回帰する。
しかし、私に到達すれば、再生は存在しない。アルジュナよ。

バガヴァッド・ギーター第8章第15節

2014.02.28 Friday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

माम् उपेत्य पुनर्जन्म
mām upetya punarjanma
マーム ウペーティヤ プナルジャンマ
私に到達して、再生を


mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
upetya【絶対分詞 upa√i】[~して、~してから]近づく;赴く;会う;(対格)の徒弟となる;得る、到達する;受ける、入る;企てる、専注する;懇願する;現れる;起こる
punarjanma【中性・単数・対格 punarjanman】[~に、~を]再生、更正;輪廻

दुःखालयम् अशाश्वतम् ।
duḥkhālayam aśāśvatam |
ドゥフカーラヤム アシャーシュヴァタム
苦の住処を、永続しない


duḥkha【中性】不安、心配、苦痛、悲しみ、悲哀、困難、苦しみ
ālayam【男性・単数・対格 ālaya】[~に、~を]住居、家宅;座;[識(ヴィジュニャーナ)の一種]
→duḥkhālayam【男性・単数・対格、限定複合語】[~に、~を]苦痛の家、苦の住処
aśāśvatam【男性・単数・対格 aśāśvata】常住でない、恒久でない

नाप्नुवन्ति महात्मानः
nāpnuvanti mahātmānaḥ
ナープヌヴァンティ マハートマーナハ
偉大な魂の人々は、獲得しない


na【否定辞】~でない
āpnuvanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 āp】[彼らは~、それらは~]到達する、獲得する、成し遂げる;遭遇する、蒙る、関係する、耐え忍ぶ;起こる
mahātmānas【男性・複数・主格 mahātman】[~らは、~らが]至上精神、宇宙我、根本原理;知性 【形容詞】偉大な精神をもつ、高尚な心をもつ、高貴な;大いに知性に富む、非常に天分の豊かな、非常に賢い;気高い、顕著な、有名な(家族)、威力のある

संसिद्धिं परमां गताः ॥
saṁsiddhiṁ paramāṁ gatāḥ ||
サンシッディン パラマーン ガターハ
最高の成就に達した


saṁsiddhim【女性・単数・対格 saṁsiddhi】[~に、~を]完成、成就、遂行、成功;(―゜)における完全
paramām【女性・単数・対格 parama】最も遠い、最も遠隔の、最も極端な、最後の;最高の、主な、第一位の;至高の、超越した;最も優秀な、最善の、最大の;最悪の;~より良い、~より大きな、~より悪い
gatās【男性・複数・主格 gata√gamの過去受動分詞)】行った、来た、~に陥った、~に於ける、~の中にある、~に含まれた;向けられた;消えた、失われた;剥奪させられた、~を免れた

मामुपेत्य पुनर्जन्म दुःखालयमशाश्वतम् ।
नाप्नुवन्ति महात्मानः संसिद्धिं परमां गताः ॥१५॥

māmupetya punarjanma duḥkhālayamaśāśvatam |
nāpnuvanti mahātmānaḥ saṁsiddhiṁ paramāṁ gatāḥ ||15||
私に到達して、最高の成就に達した偉大な魂の人々は、
苦の住処である儚い再生を得ることはない。

バガヴァッド・ギーター第8章第14節

2014.02.27 Thursday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

अनन्यचेताः सततं
ananyacetāḥ satataṁ
アナニヤチェーターハ サタタン
常に心を逸らさず


ananyacetās【男性・単数・主格 ananyacetas】(処格)に専念する
satatam【副詞】絶えず、何時も、常に、永久に

यो मां स्मरति नित्यशः ।
yo māṁ smarati nityaśaḥ |
ヨー マーン スマラティ ニッティヤシャハ
絶えず私を憶念する者は


yas【男性・単数・主格、関係代名詞 yad】[~は、~が]~であるもの、~である人
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
smarati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √smṛ】[彼は~、それは~]記憶する、心に留める、想起する、思い出す、遺憾に思う;伝える、教える、主張する;読誦する
nityaśas【副詞】不断に、絶えず、恒久的に

तस्याहं सुलभः पार्थ
tasyāhaṁ sulabhaḥ pārtha
タッスヤーハン スラバハ パールタ
彼にとって、私は獲得しやすい、アルジュナよ


tasya【男性・単数・属格、指示代名詞 tad】[~の、~にとって]彼、それ、あれ
aham【単数・主格、一人称代名詞 mad】[~は、~が]私
sulabhas【男性・単数・主格 sulabha】獲得・発見しやすい;(―゜)に接近しやすい;安価な;(―゜)に適した・適合した・適当な・ふさわしい・似合う・固有な
pārtha【男性・単数・呼格 pārtha】[~よ]プリターの息子。アルジュナのこと。

नित्ययुक्तस्य योगिनः ॥
nityayuktasya yoginaḥ ||
ニッティヤユクタッスヤ ヨーギナハ
常に専心しているヨーガ行者にとって


nityayuktasya【男性・単数・属格 nityayukta】(処格)に常に従事している、絶えず傾注している・注意深い
yoginas【男性・単数・属格 yogin】[~の、~にとって]ヨーガ行者、修行者、実践者

अनन्यचेताः सततं यो मां स्मरति नित्यशः ।
तस्याहं सुलभः पार्थ नित्ययुक्तस्य योगिनः ॥१४॥

ananyacetāḥ satataṁ yo māṁ smarati nityaśaḥ |
tasyāhaṁ sulabhaḥ pārtha nityayuktasya yoginaḥ ||14||
アルジュナよ、常に心を逸らさず、絶えず私を憶念する者、
その常に専心しているヨーガ行者にとって、私は容易に得られる。

バガヴァッド・ギーター第8章第13節

2014.02.26 Wednesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

ओम् इत्य् एकाक्षरं ब्रह्म
om ity ekākṣaraṁ brahma
オーム イティ エーカークシャラン ブラフマ
「オーム」という一音のブラフマンを


om【間投詞】(聖字)om[祈念または祈祷文の開始の際・ヴェーダ読誦の前後において、あるいは敬虔な挨拶として用いられる。多くの神秘的解釈あり]
iti【副詞】~と、~ということ、以上(しばしば引用句の後に置かれる)
ekākṣaram【中性・単数・対格 ekākṣara】唯一の不滅なる者;一音;単独節語;神聖なる音Om 【形容詞】一音節の
brahma【中性・単数・対格 brahman】[~に、~を]聖智に満ちた者、婆羅門;祭官とくにヴェーダ祭式を総監する祭官;ブラフマンを神格化した最高神、梵天、宇宙の創造者として保持者ヴィシュヌおよび破壊神シヴァとともにトリムルティを形成する神格;理性

व्याहरन् माम् अनुस्मरन् ।
vyāharan mām anusmaran |
ヴィヤーハラン マーム アヌスマラン
唱え、私を憶念し


vyāharan【男性・単数・主格・現在分詞 vi-ā√hṛ】[~している](持ち出す)、発音する、発言する、話す、(子供が)語り始める、(対格)に言う、会話・会談する
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[~を、~に]私
anusmaran【男性・単数・主格・現在分詞 anu√smṛ】[~している]記憶する、(対格)を思い出す;(罪を)告白する

यः प्रयाति त्यजन् देहं
yaḥ prayāti tyajan dehaṁ
ヤハ プラヤーティ ティヤジャン デーハン
肉体を捨て、寂滅する者は


yas【男性・単数・主格、関係代名詞 yad】[~は、~が]~であるもの、~である人
prayāti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 pra√yā】[彼は~、それは~]出て行く;出発する;~に行く・赴く;(対格)に向かって進む;(対格)に(道が)通ずる、(対格)に向かって(河が)流れる;(対格)に到着する;行く、歩む;離れる、消える;飛散する、散る;離れる=死ぬ;経過する;陥る、経験する、得る、を招く;やってゆく、振る舞う
tyajan【男性・単数・主格・現在分詞 √tyaj】[~している]罷る、見捨てる;棄てる;手放す;遺棄する;(場所より)去る;(人を)避ける;放置する、放つ;断念する、離れる、捨てる、護る
deham【男性/中性・単数・対格 deha】[~に、~を]身体;塊;形;型;大きさ、かさ(嵩);人、個人;形または姿を持つもの

स याति परमां गतिम् ॥
sa yāti paramāṁ gatim ||
サ ヤーティ パラマーン ガティム
彼は最高の帰趨(解脱)に達する


sas【男性・単数・主格、指示代名詞 tad】[~は、~が]これ、あれ、彼
yāti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √yā】[彼は~、それは~]動く、行く、歩く、赴く;前進する、行進する、敵に向かって前進する;旅行する;出立する、去る、立ち去る、離れる;遠ざかる;逃げる、逃れる;(道が)通ずる;通過する、過ぎ去る;消滅する、消失する;生起する、継起する;振舞う;~に達する;邂逅する;~に到着する
paramām【女性・単数・対格 parama】最も遠い、最も遠隔の、最も極端な、最後の;最高の、主な、第一位の;至高の、超越した;最も優秀な、最善の、最大の;最悪の;~より良い、~より大きな、~より悪い
gatim【女性・単数・対格 gati】[~に、~を]行くこと、歩態、前進、動作、行動、飛行;退去、出発;行進、進行;成功;~の獲得;~に対する服従;路、進路、小径;出口;根源、根底;手段、方法、可能性;策略;避難所;状態、状況、条件、位置;性質;幸福;輪廻、人間の運命;風習

ओमित्येकाक्षरं ब्रह्म व्याहरन्मामनुस्मरन् ।
यः प्रयाति त्यजन्देहं स याति परमां गतिम् ॥१३॥

omityekākṣaraṁ brahma vyāharanmāmanusmaran |
yaḥ prayāti tyajandehaṁ sa yāti paramāṁ gatim ||13||
一音のブラフマンである「オーム」を唱えながら、私を憶念し、
肉体を捨て寂滅する者は、最高の帰趨(解脱)に達する。

バガヴァッド・ギーター第8章第12節

2014.02.25 Tuesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

सर्वद्वाराणि संयम्य
sarvadvārāṇi saṁyamya
サルヴァドヴァーラーニ サンミャムミャ
一切の門を制御して


sarva【中性】すべての、一切の、あらゆる
dvārāṇi【中性・複数・対格 dvāra】[~らに、~らを]戸、門、戸口、入口;孔(とくに身体の);~への道、~に達する手段
saṁyamya【絶対分詞 sam√yam】[~して、~してから]保持する、ひきしめる;抑止する;縛る、束縛する;抑圧する、抑制する;制止する、制御する

मनो हृदि निरुध्य च ।
mano hṛdi nirudhya ca |
マノー フリディ ニルッディヤ チャ
また意(マナス)を心中において抑止し


manas【中性・単数・対格 manas】[~に、~を]心、内的器官、知性、理性、精神、良心、思考、意向、気分
hṛdi【中性・単数・処格 hṛd】[~において、~のなかで](とくに情緒および心的活動の座としての)心臓;(身体)の内部、胸、胃
nirudhya【絶対分詞 ni√rudh】[~して、~してから]はばむ、とめる、妨害する、抑制する;追いつく;(車を)馭す;封鎖する、(路等を)塞ぐ;包囲する、攻囲する;遠ざける;保有する;閉じ込める;閉じる;(外界から心または感覚を)遠離する;抑圧する、消滅させる;握る
ca【接続詞】そして、また、~と

मूर्ध्न्य् आधायात्मनः प्राणम्
mūrdhny ādhāyātmanaḥ prāṇam
ムールドゥニ アーダーヤートマナハ プラーナム
自己の呼吸を頭に留め


mūrdhni【男性・単数・処格 mūrdhan】[~において、~のなかで]ひたい;頭蓋;頭;もっとも高い・もっとも突き出た部分、(樹の)先端、(山の)頂上、峰、(天の)絶頂、(戦闘の)前線;首領、首長
ādhāya【絶対分詞 ā√dhā】[~して、~してから]据える、横たえる、置く;(属格)に種子を下ろす;(処格)に(行為を)捧げる;(処格)に(徳を)教え込む;(処格)の方を凝視する;(処格)に意・思念をこらす;注意を払う
ātmanas【男性・単数・属格 ātman】[~の、~にとって]気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
prāṇam【男性・単数・対格 prāṇa】[~に、~を]息、呼吸;活力、生気;風気;出息;そよ風、風;気力、精力、力;精神;個人我、全体と一致される宇宙精神;感官

आस्थितो योगधारणाम् ॥
āsthito yogadhāraṇām ||
アースティトー ヨーガダーラナーム
ヨーガの持続を遵守し


āsthitas【男性・単数・主格 āsthitaā√sthāの過去受動分詞)】(対格)に立っている・坐っている;留まる;(ある道に)入った;(対格)として(対格)をやってみた;(対格)を手に入れた;に頼った、採用した、企てた、甘んじた;(人間の形を)とった;存在する、(安楽に)住む;保持する、真実とみなす
yogadhāraṇām【女性・単数・対格 yogadhāraṇā】[~に、~を]瞑想の持続・堅持

सर्वद्वाराणि संयम्य मनो हृदि निरुध्य च ।
मूर्ध्न्याधायात्मनः प्राणमास्थितो योगधारणाम् ॥१२॥

sarvadvārāṇi saṁyamya mano hṛdi nirudhya ca |
mūrdhnyādhāyātmanaḥ prāṇamāsthito yogadhāraṇām ||12||
身体の一切の門を制御し、また意(マナス)を心中において抑止し、
自己の呼吸を頭に留め、ヨーガの持続を遵守し、
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227