カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

日々を彩る

2014.03.17 Monday

インドの世界は色に満ちています。大自然の濃い緑や空の青さ、そしてそこに佇む極彩色な神々や寺院、女性たちがまとう伝統的なサリーもまた、何気ない日常の一瞬一瞬に鮮やかな色を加えます。目に映るその世界は常に生き生きと躍動的で、決して飽きることがありません。

精神性を育む教えが深く根づく世界は、ただ苦行を行い、人生を手放し、静寂の中に生きることを教えるだけではないことに気づきます。クリシュナ神を見てもわかります。愛と喜びを広めるその姿は、常にカラフルです。

幸せに満ちた人生を送ること、それもまた、スピリチュアリティが教え導くものに他ありません。それは日常の一瞬一瞬を享受し生きることに他なく、そこにはヨーガの教えでもある、受け入れること、執着しないこと、その実践が常に伴います。

ホーリーは、「献身」や「犠牲」といった捧げることを意味するとも言われます。あらゆるものを受け入れることは、自分自身を捧げ生きることでもあり、その過程で利他心が育まれ、全体と繋がることを学びます。その繋がりは、自分(個)が中心となることで生じる不安定な感覚を消し、自身の内に落ち着きと安らぎを確立していきます。そうして見つける高貴な自分、その中にある永遠の至福こそが、スピリチュアリティの道を歩む中で獲得するものでもあるのかもしれません。

どんなことも受け入れ、執着しないことを一瞬一瞬の中で実践すると、人生は彩られたように、とても豊かなものとなり変わります。それは何より、今を生きることの実践に他ありません。次の瞬間にも何が起こるか分からない、波乱万丈なインドの世界に教えられたことでした。

日々を至福で満たすこと、そうして人生に色をつけることも、スピリチュアリティの実践であることに改めて気づかされます。こうした教えが、喜びに満ちた祝祭を通じ伝えられるもの、まさにインドの見せる魅力的な姿です。少しずつ春が訪れようとしている今、皆様の日々も喜びに満ちたものであることを心よりお祈りしております。

(文章:ひるま)

消費税・増税前ポイント還元セール!

2014.03.17 Monday

4月1日からの消費税増税にともない、3月31日まで、全商品ポイント10倍還元セールを行います。
(通常ポイント還元率1%のところ、10%還元となります)

ポイントの保有には、会員登録が必要となっております。
会員登録がお済みでない場合は、以下のリンクより会員登録のお手続きをお願いいたします。
会員登録

また4月1日以降の弊店における消費税対応につきましては、以下のご参照をお願い申し上げます。

●消費税率変更に伴う価格改定につきまして●

平成26年4月1日より消費税率が5%から8%に変更されることに伴い、SitaRamaでは以下の変更がございますので、ご確認のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

■平成26年4月1日以降の価格改定につきまして平成26年4月1日を持ちまして、今まで税込価格で表示されていた商品価格を税抜きに変更させていただきます。

弊店では、これまでもインドの価値ある品々を、お求め安い価格でご提供できるよう、価格設定を行って参りました。
しかしながら、円安ならびにインドの物価上昇に伴い、継続的に良質のサービスをご提供するためには、現在の価格を維持することが困難になって参りました。
つきましては平成26年4月1日より、商品価格を平均でおよそ5%上げさせていただきます。

今後も、インドの価値ある品々を通じて、優れた霊的叡知を皆さまにご紹介し、より良いサービスを提供できるようスタッフ一同尽力して参ります。

何卒ご理解ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

価格改定例:
・ルドラークシャ・マーラー(108+1ビーズ、10mmサイズ)
旧価格:580円(内税)
新価格:580円(外税)

・クリスタル・ガネーシャ(19グラム)(A)
旧価格:2,900円(内税)
新価格:2,900円(外税)

・シュリー・マハーヤントラ(約23cm×23cm)
旧価格:9,800円(内税)
新価格:9,800円(外税)

バガヴァッド・ギーター第8章第25節

2014.03.14 Friday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

धूमो रात्रिस् तथा कृष्णः
dhūmo rātris tathā kṛṣṇaḥ
ドゥーモー ラートリス タター クリシュナハ
煙、夜、そして黒月


dhūmas【男性・単数・主格 dhūma】[~は、~が]煙、蒸気、霧
rātris【女性・単数・主格 rātri】[~は、~が]夜;インドサフラン・うこん草
tathā【副詞】そのように、同様に;そして、また
kṛṣṇas【男性・単数・主格 kṛṣṇa】[~は、~が]黒、黒色;暗黒;黒月

षण्मासा दक्षिणायनम् ।
ṣaṇmāsā dakṣiṇāyanam |
シャンマーサー ダクシナーヤナム
太陽が南進する6ヶ月


ṣaṇmāsās【男性・複数・主格 ṣaṇmāsa】[~らは、~らが]6ヶ月
dakṣiṇāyanam【中性・単数・主格 dakṣiṇāyana】[~は、~が]南の路(すなわち死の国への路);(太陽の)南回帰路[太陽が北より南へ動く半年(夏至より冬至に至る)];(太陽の)南回帰(の開始)=(āṣādha月の)夏至

तत्र चान्द्रमसं ज्योतिर्
tatra cāndramasaṁ jyotir
タットラ チャーンドラマサン ジョーティル
その時に、月の光に


tatra【副詞】そこに;そこへ;ここに;それのために、その場合に、その時に
cāndramasam【中性・単数・対格 cāndramasa】月(太陰)の
jyotis【中性・単数・対格 jyotis】[~に、~を]光明、光輝;火;眼光、眼;月光;光明世界;智慧;生命の光、自由、歓喜、勝利

योगी प्राप्य निवर्तते ॥
yogī prāpya nivartate ||
ヨーギー プラープヤ ニヴァルタテー
到達してから、ヨーガ行者は再生する


yogī【男性・単数・主格 yogin】[~は、~が]ヨーガ行者、修行者、実践者
prāpya【絶対分詞 pra√āp】[~して、~してから]到達する、会する、邂逅する、見出す;獲得する、娶る;蒙る
nivartate【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 ni√vṛt】[彼は~、それは~]戻る、帰る;やめる、沈黙する;やむ、終わる、消える

धूमो रात्रिस्तथा कृष्णः षण्मासा दक्षिणायनम् ।
तत्र चान्द्रमसं ज्योतिर्योगी प्राप्य निवर्तते ॥२५॥

dhūmo rātristathā kṛṣṇaḥ ṣaṇmāsā dakṣiṇāyanam |
tatra cāndramasaṁ jyotiryogī prāpya nivartate ||25||
煙立ち、夜、黒月、太陽が南進する6ヶ月の間、
その時に逝去するヨーガ行者は、月光に到達してから再生する。

バガヴァッド・ギーター第8章第24節

2014.03.13 Thursday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

अग्निर् ज्योतिर् अहः शुक्लः
agnir jyotir ahaḥ śuklaḥ
アグニル ジョーティル アハハ シュクラハ
火、光明、昼、白月


agnis【男性・単数・主格 agni】[~は、~が]火;火災;アグニ神
jyotis【中性・単数・主格 jyotis】[~は、~が]光明、光輝;火;眼光、眼;月光;光明世界;智慧;生命の光、自由、歓喜、勝利
ahar【中性・単数・主格 ahar】[~は、~が]日、昼
śuklas【男性・単数・主格 śukla】[~は、~が]輝いている、明るい(+pakṣa 【男性名詞】月が充ちる白分の半月、白月);白い;清い

षण्मासा उत्तरायणम् ।
ṣaṇmāsā uttarāyaṇam |
シャンマーサー ウッタラーヤナム
太陽が北進する6ヶ月


ṣaṇmāsās【男性・複数・主格 ṣaṇmāsa】[~らは、~らが]6ヶ月
uttarāyaṇam【中性・単数・主格 uttarāyaṇa】[~は、~が](太陽の)北行;(太陽の)北進する半年;(太陽の)北進行程(の開始)=(pauṣa月における)冬至

तत्र प्रयाता गच्छन्ति
tatra prayātā gacchanti
タットラ プラヤーター ガッチャンティ
その時に、逝去した彼らは赴く


tatra【副詞】そこに;そこへ;ここに;それのために、その場合に、その時に
prayātās【男性・複数・主格 prayātapra√yāの過去受動分詞)】進む、行く、飛ぶ;~に赴いた;死んだ;経過した
gacchanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 √gam】[彼らは~、それらは~]行く、動く、歩む;去る、来る;止む、死す;~に近づく、~に達する、~を得る

ब्रह्म ब्रह्मविदो जनाः ॥
brahma brahmavido janāḥ ||
ブラフマ ブラフマヴィドー ジャナーハ
ブラフマンを知る人々は、ブラフマンに


brahma【中性・単数・対格 brahman】[~に、~を]聖智に満ちた者、婆羅門;祭官とくにヴェーダ祭式を総監する祭官;ブラフマンを神格化した最高神、梵天、宇宙の創造者として保持者ヴィシュヌおよび破壊神シヴァとともにトリムルティを形成する神格;理性
brahmavidas【男性・複数・主格 brahmavid】ヴェーダ・ブラフマンを知っている、聖智ある;呪術に巧みな 【男性名詞】ヴェーダ学者、神学者、哲学者
janās【男性・複数・主格 jana】[~らは、~らが]生物;人、個人;民族、種族;人民、臣民;人々

अग्निर्ज्योतिरहः शुक्लः षण्मासा उत्तरायणम् ।
तत्र प्रयाता गच्छन्ति ब्रह्म ब्रह्मविदो जनाः ॥२४॥

agnirjyotirahaḥ śuklaḥ ṣaṇmāsā uttarāyaṇam |
tatra prayātā gacchanti brahma brahmavido janāḥ ||24||
祭火燃え、光明あり、昼、白月、太陽が北進する6ヶ月の間、
その時に逝去するブラフマンを知る人々は、ブラフマンに赴く。

バガヴァッド・ギーター第8章第23節

2014.03.12 Wednesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

यत्र काले त्व् अनावृत्तिम्
yatra kāle tv anāvṛttim
ヤトラ カーレー トヴ アナーヴリッティム
しかし、どのような時において、不退転に


yatra【副詞】そこに、その場所に;そこへ;その場合に、もし~ならば;その時;それにつき;~するために;~とは
kāle【男性・単数・処格 kāla】[~において、~のなかで]時;機会;季節;食事;時間;年、時代;音律;運命;死;死の神
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
anāvṛttim【女性・単数・対格 anāvṛtti】[~に、~を]再帰しないこと、不退転;最後の解脱

आवृत्तिं चैव योगिनः ।
āvṛttiṁ caiva yoginaḥ |
アーヴリッティン チャイヴァ ヨーギナハ
そして退転に、ヨーガ行者らは


āvṛttim【女性・単数・対格 āvṛtti】[~に、~を]入ること;帰来;反覆;日至(夏至および冬至);再生;行程、方向
ca【接続詞】そして、また、~と
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
yoginas【男性・複数・主格 yogin】[~らは、~らが]ヨーガ行者、修行者、実践者

प्रयाता यान्ति तं कालं
prayātā yānti taṁ kālaṁ
プラヤーター ヤーンティ タン カーラン
逝去した(ヨーガ行者らは)、赴くか、その時を


prayātās【男性・複数・主格 prayātapra√yāの過去受動分詞)】進む、行く、飛ぶ;~に赴いた;死んだ;経過した
yānti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 √yā】[彼らは~、それらは~]動く、いく、歩く、赴く;前進する、行進する;従う
tam【男性・単数・対格、指示代名詞 tad】[~に、~を]これ、あれ、彼
kālam【男性・単数・対格 kāla】[~に、~を]時;機会;季節;食事;時間;年、時代;音律;運命;死;死の神

वक्ष्यामि भरतर्षभ ॥
vakṣyāmi bharatarṣabha ||
ヴァクシャーミ バラタルシャバ
私は告げよう、アルジュナよ


vakṣyāmi【一人称・単数・パラスマイパダ・未来 √vac】[私は~だろう]言う・話す・告げる・知らせる・記述する;名付ける、呼ぶ;叱る
bharatarṣabha【男性・単数・呼格 bharatarṣabha】[~よ]インドの雄牛;インドの後裔、インドの王;アルジュナの呼称、ヴィシュヴァーミトラの呼称

यत्र काले त्व् अनावृत्तिमावृत्तिं चैव योगिनः ।
प्रयाता यान्ति तं कालं वक्ष्यामि भरतर्षभ ॥२३॥

yatra kāle tv anāvṛttimāvṛttiṁ caiva yoginaḥ |
prayātā yānti taṁ kālaṁ vakṣyāmi bharatarṣabha ||23||
しかし、世を去り逝くヨーガ行者たちは、どのような時に解脱に、
あるいは再生に赴くか、その時を私は告げよう、アルジュナよ。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227