カレンダー

<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

チャトル・シュローキー第3節

2009.03.21 Saturday

・teshAm satatayuktAnAm bhajatAm prItipUrvakam
dadAmi buddhiyogam tam yena mAmupayAnti te
・テーシャーン・サタタユクターナーン・バジャターン・プリーティプールヴァカム
ダダーミ・ブッディヨーガン・タン・イェーナ・マームパヤーンティ・テー
・意味:常に〔私に〕専心し、喜びをもって私を信愛する彼らに、私はかの知性(ブッディ)のヨーガを授ける。それにより彼らが私に至るところの。※

バガヴァッド・ギーターのエッセンスを抜き出した4詩節であるチャトル・シュローキー第3節(バガヴァッド・ギーター第10章10節)です。
人々が成就に達するためには、至高神の手助けが必要といわれます。それには、至高神クリシュナを常に念想し、心から信愛することで、クリシュナが窮極の境地に達するために必要な知性のヨーガを、内的霊感によって与えるといいます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「バガヴァッド・ギーターCDギフトボックス」(CDAB099)
・「バガヴァッド・ギーター マルチメディアブック」(GitaMultimedia)

※上村勝彦訳、バガヴァッド・ギーター、岩波文庫

チャトル・シュローキー第2節

2009.03.20 Friday

・maccittA madgataprAnA bodhayantah parasparam
kathayantashca mAm nityam tusyanti ca ramanti ca
・マッチッター・マドガタプラーナー・ボーダヤンタハ・パラスパラム
カタヤンタシュチャ・マーン・ニッティヤム・トゥシュヤンティ・チャ・ラマンティ・チャ
・意味:私に心を向け、生命を私に捧げ、互いに目覚めさせつつ、彼らは常に私について語り、満足し楽しむ。※

バガヴァッド・ギーターのエッセンスを抜き出した4詩節であるチャトル・シュローキー第2節(バガヴァッド・ギーター第10章9節)です。
クリシュナを念想し、クリシュナに行為のすべてを捧げ、信徒同士が互いに啓発しあうこと、至高神クリシュナにとって、このような人ほど愛しい人はいないといいます。 クリシュナは、「私に最高の信愛(バクティ)を捧げ、私の信者たちの間にこの最高の秘密を説く人は、疑いなくまさに私に至るであろう。」(18.68)といい、「人のうちで、彼ほど私に好ましいことをする者はいない。またこの地上に、私にとって彼ほど愛しい者はいないであろう。」(18.69)と、クリシュナを信愛する人々が、クリシュナにとって最も愛しい人々であることを縷々述べています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「バガヴァッド・ギーターCDギフトボックス」(CDAB099)
・「バガヴァッド・ギーター マルチメディアブック」(GitaMultimedia)

※上村勝彦訳、バガヴァッド・ギーター、岩波文庫

チャトル・シュローキー第1節

2009.03.19 Thursday

・aham sarvasya prabhavo mattah sarvam pravartate
iti matvA bhajante mAm budhA bhAva-samanvitAh
・アハン・サルヴァッスャ・プラバヴォー・マッタハ・サルヴァン・プラヴァルタテー
イティ・マットヴァー・バジャンテー・マーム・ブダー・バーヴァ・サマンヴィターハ
・意味:私は一切の本源である。一切は私から展開する。そう考えて、知者たちは愛情をこめて私を信愛するのである。※

バガヴァッド・ギーターのエッセンスを抜き出した4詩節であるチャトル・シュローキー第1節(バガヴァッド・ギーター第10章8節)です。
アルジュナは、クリシュナに対し「このように常に〔あなたに〕専心し、あなたを念想する信者(バクタ)たちと、不滅で非顕現なものを〔念想する〕人々とでは、どちらが最もヨーガを知る者であるか。」(BG 12.1)と問いました。
この問いに対しクリシュナは、不滅で非顕現なものを念想することによっても最高の成就に達することができるとしつつも、「非顕現なものに専念した人々の苦労はより多大である。というのは、非顕現な帰結は、肉体を有する人々によっては到達されがたいから。」と答えています。
マーヤー(幻力)に覆われた私たちの知性は、至高神は非顕現で見ることができず、無形の存在であると考えます。特に私たちは、古来より万物の中に至高的存在を感じ、八百万の神々を日本伝統の美としてきました。しかしクリシュナは、無形の神を念想するよりも、擬人化された神を念想するほうがより容易に成就に達することができると説きます。 これは、至高神が非顕現で目に見えず無形の存在であると信じる人々にとっては受け入れがたい真実であるにもかかわらず、すべての人間は至高神の顕れであると説くヴェーダ聖典の教えを踏襲した叡智です。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「バガヴァッド・ギーターCDギフトボックス」(CDAB099)
・「バガヴァッド・ギーター マルチメディアブック」(GitaMultimedia)

※上村勝彦訳、バガヴァッド・ギーター、岩波文庫

ドゥルガー・サプタシュローキー第3節

2009.03.18 Wednesday

・sarva mangala mAngalye shive sarvArtha sAdhike
sharanye tryambake gauri nArAyani namostu te
・サルヴァ・マンガラ・マーンガリェー・シヴェー・サルヴァールタ・サーディケー
シャランニェー・トリャンバケー・ガウリー・ナーラーヤニ・ナモーストゥ・テー
・意味:あらゆる吉兆の中の吉兆である女神よ、
あらゆる望みを叶える女神よ、
すべての者の拠り所である女神よ、
三界を統べる女神よ、
光輝、窮極の意識の顕れである女神よ、
あなたに帰依いたします。

意訳:母なる女神よ、
あなたは真善美の本質です。
あなたはもっとも吉兆な光を放ち、子どもたちを優しく包み込みます。
一目見るだけで子どもたちを守り、養い、浄化する、美しい三眼を持つ母よ。
その三眼でつねに子どもたちを見守るあなたに、心を込めて帰依いたします。

ドゥルガー女神への祈りのエッセンスである、ドゥルガー・サプタシュローキー第3節(ドゥルガー・サプタシャティー第11章)のマントラです。
宇宙の母なる女神を身近に感じ、彼女の恩寵を授かるためには、彼女に真心を込めて帰依することが、もっとも簡単で安全な方法です。そうして、すべての行為を彼女に捧げ、ダルマ(美徳)に則った生活を心がけることで、彼女の恩寵は確実なものになるといわれます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「デーヴィー・マーハートミャム(MP3)」(トラック1)
・「ドゥルガー・サプタシャティー」(トラック10)
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック5)

ドゥルガー・サプタシュローキー第7節

2009.03.17 Tuesday

・sarvA bAdhA prashamanam trailokyAsyAkhileshvari
evameva tvayA kAryamasmadvairi vinAshanam
・サルヴァー・バーダー・プラシャマナム・トライローキャーッスャーキレーシュヴァリ
エーヴァメーヴァ・トゥヴァヤー・カーリャマスマドゥヴァイリ・ヴィナーシャナム
・意味:至高の女神よ。
私たちの心にある敵意、憎しみ、怒りを取り去られるように、
三界におけるあらゆる混乱を取り除いてください。

ドゥルガー女神への祈りのエッセンスである、ドゥルガー・サプタシュローキー第7節のマントラです。
私たちの外部で起こる混乱は、すべて私たちの心にある要素が反映されたものであるといわれます。母なる女神は、全生命の平安を願い、つねに三界を見守っています。そして私たちが、全生命の平安を願い、母なる女神に祈念するならば、その微細なエネルギーは全世界に浸透し、速やかに実現するといわれています。
母なる女神に祈ることは、私たちの心にある敵意、憎しみ、怒り、その他の否定的感情を取り去る最善の方法です。そのためのサンスクリット語のマントラは、神々に直接的に語りかけるための優れた言語といわれます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「デーヴィー・マーハートミャム(MP3)」(トラック1)
・「ドゥルガー・サプタシャティー」(トラック10)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227