カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

アーディティヤ・フリダヤム第16節

2009.11.23 Monday

नमः पूर्वाय गिरये पश्चिमायाद्रये नमः।
ज्योतिर्गणानां पतये दिनाधिपतये नमः॥१६॥

・namaḥ pūrvāya giraye paścimāyādraye namaḥ|
jyotirgaṇānāṁ pataye dinādhipataye namaḥ||16||
・ナマハ プールヴァーヤ ギライェー パシュチマーヤードライェー ナマハ
ジョーティルガナーナーン パタイェー ディナーディパタイェー ナマハ
・意味:東の山より昇る神に敬礼します。西の山に沈む神に敬礼します。
光群の神に敬礼します。天照らす神に敬礼します。


アーディティヤ・フリダヤム第16節です。
ナマハ(ナモー)は、祈りの中によく出てくる語で、「敬礼する、会釈する、崇拝する」などの意味があります。ナマハ(敬礼する)とテー(あなたに)が連声で結びつくと、挨拶でよく言われる「ナマステー」になります。
より丁寧な形式として、「〜がありますように」の意味を含むastuを加えて、「ナモーストゥテー」も祈りの中でよく聞くことができます。

アーディティヤ・フリダヤム第15節

2009.11.22 Sunday

नक्षत्रग्रहताराणामधिपो विश्वभावनः।
तेजसामपि तेजस्वी द्वादशात्मन् नमोऽस्तु ते॥१५॥

・nakṣatragrahatārāṇāmadhipo viśvabhāvanaḥ|
tejasāmapi tejasvī dvādaśātman namo'stu te||15||
・ナクシャトラグラハターラーナーマディポー ヴィシュヴァバーヴァナハ
テージャサーマピ テージャスヴィー ドヴァーダシャートマン ナモーストゥ テー
・意味:彼は、星・惑星・星座の神、宇宙における一切諸事の根源、華麗な中で輝ける者である。12の姿を持つ神よ。あなたに帰依いたします。


アーディティヤ・フリダヤム第15節です。
ここで太陽は、12ヶ月に対応した12人のアーディティヤ神群として讃えられます。アーディティヤ神群の数は、場面に応じて変化しますが、ここでは、ダートリ、ミトラ、アリヤマン、インドラ、ヴァルナ、アンシャ、バガ、ヴィヴァスヴァット、プーシャン、サヴィトリ、トヴァシュトリ、ヴィシュヌの12神を指すと考えられます。

アーディティヤ・フリダヤム第14節

2009.11.20 Friday

आतपी मण्डली मृत्युः पिङ्गलः सर्वतापनः।
कविर्विश्वो महातेजाः रक्तः सर्वभवोद्भवः॥१४॥

・ātapī maṇḍalī mṛtyuḥ piṅgalaḥ sarvatāpanaḥ|
kavirviśvo mahātejāḥ raktaḥ sarvabhavodbhavaḥ||14||
・アータピー マンダリー ムリティユフ ピンガラハ サルヴァターパナハ
カヴィルヴィシュヴォー マハーテージャハ ラクタハ サルヴァバヴォードゥバヴァハ
・意味:彼は、光輪を放ち熱を与える者、死の神、黄色い者、一切の破壊者、
最も光輝に満ちた宇宙を統べる全知全能の神であり、一切の展開の根源である。


アーディティヤ・フリダヤム第14節です。
ムリティユとは「死」の意味で、閻魔天を指します。死に勝利する者という意味のムリティユンジャヤは、シヴァ神の別名であり、輪廻転生から解放されるためのマントラとして、ムリティユンジャヤ・マントラがよく知られています。

アーディティヤ・フリダヤム第13節

2009.11.18 Wednesday

व्योमनाथस्तमोभेदी ऋग्यजुःसामपारगः।
घनवृष्टिरपां मित्रो विन्ध्यवीथीप्लवङ्गमः॥१३॥

・vyomanāthastamobhedī ṛgyajuḥsāmapāragaḥ|
ghanavṛṣṭirapāṁ mitro vindhyavīthīplavaṅgamaḥ||13||
・ヴョーマナータスタモーベーディー リギャジュフサーマパーラガハ
ガナヴリシュティラパーン ミトロー ヴィンディヤヴィーティープラヴァンガマハ
・意味:彼は、天空の神、暗闇を払拭する者、三ヴェーダ(リグ、ヤジュール、サーマ)の主、
恵みの雨を降らせる方、水の友、ヴィンディヤ山脈を素早く横切る方である。


アーディティヤ・フリダヤム第13節です。
ヴィンディヤ山脈とは、インドを北と南に二分するインド中部を走る山脈です。
神格としてのヴィンディヤは、ヒマーラヤ山の背の高さをうらやみ、太陽に自分の周りを回って欲しいと懇願しました。しかし、それが聞き入れられないことに腹を立てたヴィンディヤ山は、頭を高くして太陽の光が地上に届かないようにしたところ、指導者であるアガスティヤ仙に背を曲げられてしまったといわれます。

アーディティヤ・フリダヤム第12節

2009.11.17 Tuesday

हिरण्यगर्भ शिशिरस्तपनो भास्करो रविः।
अग्निगर्भोऽदितेः पुत्रः शङ्खः शिशिरनाशनः॥१२॥

hiraṇyagarbha śiśirastapano bhāskaro raviḥ |
agnigarbho'diteḥ putraḥ śaṅkhaḥ śiśiranāśanaḥ ||12||
・ヒランニャガルバ シシラスタパノー バースカロー ラヴィヒ
アグニガルボー’ディテーヘ プトラハ シャンカハ シシラナーシャナハ
・意味:彼は、黄金の胎児であり、心を落ち着かせる方、熱を与える方、光の根源、
火を内在する方、アディティの息子、冷気(悪意)を破壊する方である。


アーディティヤ・フリダヤム第12節です。
太陽神は、ヒラニヤガルバと同等の神格とされます。
ヒラニヤガルバは、黄金の母胎、黄金の胎児などの意味があり、リグ・ヴェーダでは、宇宙の創造神として讃えられ、神々にプラーナを与え、全世界を支配する神といわれています。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227