カレンダー

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第2章第39節

2010.05.04 Tuesday

एषा ते ऽभिहिता सांख्ये
eṣā te 'bhihitā sāṁkhye
エーシャー テー ビヒター サンキエー
理論的方法(サーンキヤ)におけるこれがあなたに語られた


eṣā【女性・単数・主格、指示代名詞 etad】これが、これは
te【単数・為格、二人称代名詞 tvad】あなたに
abhihitā【女性・単数・主格、過去受動分詞 abhi√dhā】言われた、話しかけられた;表明された;名付けられた
sāṁkhye【男性・単数・処格】数に関係することにおいて;理論・理論的方法・理知的方法において;サーンキヤ哲学において
※サーンキヤは、「数に関する、数え上げる」等の意をもち、後に、世界形式の諸原理を枚挙し、これを説明する思想体系の名称となった。マハーバーラタでは、後の純粋で、真正なサーンキヤ派の理論について、ほんの断片的な知識しか与えておらず、したがってギーターでは、概ね「理知的、理論的方法」といったほどの意味と解してよい(鎧淳注)。

बुद्धिर् योगे त्विमां शृणु ।
buddhir yoge tvimāṁ śṛṇu |
ブッディル ヨーゲー トヴィマーン シュリヌ
知性が。しかし、実修(ヨーガ)におけるこれを聞け


buddhis【女性・単数・主格】知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
yoge【男性・単数・処格】修習において、勤修において、勤行において、修行において、実修において、実践において
※yogaは、「サーンキヤ」と対で出る時は、「行為のヨーガ」(karma-yoga)を意味する(上村勝彦注)。
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
imām【女性・単数・対格、指示代名詞 idam】これを
śṛṇu【二人称・単数・パラスマイパダ・命令法 √śru】[あなたは]聞け、聴け、学べ

बुद्ध्या युक्तो यया पार्थ
buddhyā yukto yayā pārtha
ブッディヤー ユクトー ヤヤー パールタ
知性に専心すれば、アルジュナよ


buddhyā【女性・単数・具格】理性によって、知性によって
yuktas【男性・単数・主格、過去受動分詞 √yuj】くびき(軛)につながれた、(処格)に従事した、~に専心した;(具格)に忙殺された、~に専念した;(処格)に熱中した;集中した
yayā【女性・単数・具格、関係代名詞 yad】それによって(by which)
pārtha【男性・単数・呼格】プリターの息子よ。アルジュナのこと。

कर्मबन्धं प्रहास्यसि ॥
karmabandhaṁ prahāsyasi ||
カルマバンダン プラハースヤシ
あなたは業(カルマ)の束縛を捨て去るだろう


karma【中性】行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業
bandham【男性・単数・対格】束縛を;捕獲を;禁固を、投獄を、監禁を;阻止を、抑止を
→karmabandham【男性・単数・対格、限定複合語】行為の束縛を、業(カルマ)の束縛を
prahāsyasi【二人称・単数・パラスマイパダ・未来 pra√hā】[あなたは~だろう]去る;見捨てる、断念する、放棄する、(義務に)違背する、(約束を)破る;投げる、ほうる、やむ、消え去る

एषा ते ऽभिहिता सांख्ये बुद्धिर् योगे त्विमां शृणु ।
बुद्ध्या युक्तो यया पार्थ कर्मबन्धं प्रहास्यसि ॥ ३९ ॥

eṣā te 'bhihitā sāṁkhye buddhir yoge tvimāṁ śṛṇu |
buddhyā yukto yayā pārtha karmabandhaṁ prahāsyasi || 39 ||
今まで、理論的知性があなたに語られたが、次に実修(ヨーガ)による知性を聞きなさい。
アルジュナよ、その知性に専心すれば、あなたは業(カルマ)の束縛から離れるだろう。

バガヴァッド・ギーター第2章第38節

2010.04.28 Wednesday

सुखदुःखे समे कृत्वा
sukhaduḥkhe same kṛtvā
スカドゥフケー サメー クリットヴァー
苦楽を同一として


sukha【中性】安楽、歓喜、幸福、享楽、繁栄、成功
duḥkhe【中性・両数・対格】不安を、心配を、苦痛を、悲しみを、悲哀を、困難を、苦しみを
→sukhaduḥkhe【中性・両数・対格、並列複合語】苦楽を、幸・不幸を
same【中性・両数・対格】類似の、似た、等しい、同等の、同じ、同一の
kṛtvā【絶対分詞 √kṛ】為して、行って、作って

लाभालाभौ जयाजयौ ।
lābhālābhau jayājayau |
ラーバーラーバウ ジャヤージャヤウ
得失、勝敗を


lābhālābhau【男性・両数・対格、並列複合語】得失を、損得を(lābha:利得 alābha:損失)
jayājayau【男性・両数・対格、並列複合語】勝敗を(jaya:勝利 ajaya:敗北)

ततो युद्धाय युज्यस्व
tato yuddhāya yujyasva
タトー ユッダーヤ ユッジャスヴァ
それから、戦いに専心せよ


tatas【副詞】そこで、それから、その後、すると、その時
yuddhāya【中性・単数・為格】戦いのために、戦闘のために、戦争のために
yujyasva【二人称・単数・アートマネーパダ・命令法 √yuj】[あなたは]集中せよ、専心せよ、熱中せよ;結合せよ、接合せよ、連合せよ;関係せよ;獲得せよ

नैवं पापम् अवाप्स्यसि ॥
naivaṁ pāpam avāpsyasi ||
ナイヴァン パーパム アヴァープスヤシ
こうして、あなたは罪悪を得ることはないだろう


na【否定辞】~でない
evam【副詞】このように、こんなふうに、そんなふうに
pāpam【中性・単数・対格】罪を、悪を、不正を、悪事を
avāpsyasi【二人称・単数・パラスマイパダ・未来 ava√āp】[あなたは~だろう]獲得する、得る、入手する;(非難、不和、苦痛等を)被る、苦しむ

सुखदुःखे समे कृत्वा लाभालाभौ जयाजयौ ।
ततो युद्धाय युज्यस्व नैवं पापमवाप्स्यसि ॥ ३८ ॥

sukhaduḥkhe same kṛtvā lābhālābhau jayājayau |
tato yuddhāya yujyasva naivaṁ pāpamavāpsyasi || 38 ||
苦楽、得失、勝敗を同一視して、戦いに専心しなさい。
そうすれば、あなたは罪悪を得ることはないだろう。

バガヴァッド・ギーター第2章第37節

2010.04.23 Friday

हतो वा प्राप्स्यसि स्वर्गं
hato vā prāpsyasi svargaṁ
ハトー ヴァー プラープスヤシ スヴァルガン
たとえ殺されたとしても、あなたは天界を得るだろう


hatas【男性・単数・主格、過去受動分詞 √han】打たれた、たたかれた;殺された、殺害された;破壊された、失われた
vā【不変化辞】あるいは、また;~のように、~と同様に;たとえ~であるとしても
→vā ... vā ...:~かまたは~か
prāpsyasi【二人称・単数・パラスマイパダ・未来 pra√āp】[あなたは~だろう]達成する、獲得する、利得する;遭遇する;発生する
svargam【男性・単数・対格】天界を、天国を、天上界を

जित्वा वा भोक्ष्यसे महीम् ।
jitvā vā bhokṣyase mahīm |
ジットヴァー ヴァー ボークシャセー マヒーム
あるいは勝利して、あなたは王国を享受するだろう


jitvā【絶対分詞 √ji】勝利して、征服して
vā【不変化辞】あるいは、また;~のように、~と同様に;たとえ~であるとしても
bhokṣyase【二人称・単数・アートマネーパダ・未来 √bhuj】[あなたは~だろう]享受する、支配する、所有する;使用する;利用する;甘受する;~を食べる
mahīm【女性・単数・対格】地を;地面を、土地を;陸地を;国を、王国を;土壌を;群を;牝牛を

तस्माद् उत्तिष्ठ कौन्तेय
tasmād uttiṣṭha kaunteya
タスマード ウッティシュタ カウンテーヤ
それゆえ、立ち上がりなさい、アルジュナよ


tasmāt【男性・中性・単数・従格、指示代名詞 tad】それ故に、そのために、したがって、だから、その結果
uttiṣṭha【二人称・単数・パラスマイパダ・命令法 ut√sthā】[あなたは]立ち上がれ、起き上がれ
kaunteya【男性・単数・呼格】クンティーの息子よ。アルジュナの別名。

युद्धाय कृतनिश्चयः ॥
yuddhāya kṛtaniścayaḥ ||
ユッダーヤ クリタニシュチャヤハ
戦いのために決意して


yuddhāya【中性・単数・為格】戦いのために、戦闘のために、戦争のために
kṛtaniścayas【男性・単数・主格】確信した;決意した;(為格)のために決意した、決心した

हतो वा प्राप्स्यसि स्वर्गं जित्वा वा भोक्ष्यसे महीम् ।
तस्मादुत्तिष्ठ कौन्तेय युद्धाय कृतनिश्चयः ॥ ३७ ॥

hato vā prāpsyasi svargaṁ jitvā vā bhokṣyase mahīm |
tasmāduttiṣṭha kaunteya yuddhāya kṛtaniścayaḥ || 37 ||
たとえ殺されても、あなたは天界を得、勝利すれば、王国を享受するだろう。
それゆえ、アルジュナよ、戦う決意をして、立ち上がりなさい。

バガヴァッド・ギーター第2章第36節

2010.04.22 Thursday

अवाच्यवादाण्श्च बहून्
avācyavādāṇśca bahūn
アヴァーチャヴァーダーンシュチャ バフーン
そして、口にすべきでない多くの言葉を


avācya【未来受動分詞(動詞的形容詞、義務分詞) a√vac】話すべきでない、語るべきでない、口にすべきでない
vādān【男性・複数・対格】談話を、発言を、陳述を;~に関する言葉を
→avācyavādān【男性・複数・対格】語るべきでない言葉を、口にすべきでない言葉を
ca【接続詞】そして、また、~と
bahūn【男性・複数・対格】多い、たくさんの、多数の、いくつもの、豊富な、十分な、数々の、幾多の、巨大な、相当な

वदिष्यन्ति तवाहिताः ।
vadiṣyanti tavāhitāḥ |
ヴァディッシャンティ タヴァーヒターハ
あなたの敵たちは語るだろう


vadiṣyanti【三人称・複数・パラスマイパダ・未来 √vad】[彼らは~だろう]言う、語る、述べる、話す、伝える、報告する、宣言する、言明する
tava【単数・属格、tvad】あなたの
ahitās【男性・複数・主格】敵たちは

निन्दन्तस् तव सामर्थ्यं
nindantas tava sāmarthyaṁ
ニンダンタス タヴァ サーマルッティヤン
あなたの能力を罵りながら


nindantas【男性・複数・主格、現在分詞 √nind】嘲りながら、罵りながら、軽蔑しながら、非難しながら
tava【単数・属格、tvad】あなたの
sāmarthyam【中性・単数・対格】力を、強さを、ききめを、能力を、才能を

ततो दुःखतरं तु किम् ॥
tato duḥkhataraṁ tu kim ||
タトー ドゥフカタラン トゥ キム
これにまさる苦痛があるだろうか


tatas【副詞】そこで、それから、その後、すると、その時
duḥkhataram【中性・単数・主格、比較級】[より大きな]不安が、心配が、苦痛が、悲しみが、悲哀が、困難が、苦しみが
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
kim【中性・単数・主格】何が、誰が、なぜ、どんな、どのように

अवाच्यवादाण्श्च बहून्वदिष्यन्ति तवाहिताः ।
निन्दन्तस्तव सामर्थ्यं ततो दुःखतरं तु किम् ॥ ३६ ॥

avācyavādāṇśca bahūnvadiṣyanti tavāhitāḥ |
nindantastava sāmarthyaṁ tato duḥkhataraṁ tu kim || 36 ||
そして、あなたの敵たちは、あなたの能力を罵りながら、
口にすべきでない多くの言葉を語るだろう。これにまさる苦痛があるだろうか。

バガヴァッド・ギーター第2章第35節

2010.04.20 Tuesday

भयाद् रणाद् उपरतं
bhayād raṇād uparataṁ
バヤード ラナード ウパラタン
戦争の恐怖のためにやめたと


bhayāt【中性・単数・従格】恐れから、驚きから、心配から、恐怖のために
raṇāt【中性・単数・従格】(歓喜の対象としての)戦争から、戦いから、衝突から、格闘から、紛争から、対立から
uparatam【男性・単数・対格、過去受動分詞 upa√ram】静止した;弱まった、中止した;やめた、諦めた;撤退した

मण्स्यन्ते त्वां महारथाः ।
maṇsyante tvāṁ mahārathāḥ |
マンスヤンテー トヴァーン マハーラターハ
偉大な戦士たちはあなたを思うだろう


maṇsyante【三人称・複数・アートマネーパダ・未来 √man】[彼らは]考えるだろう、信じるだろう、想像するだろう;(対格)を(対格)であると思うだろう、見なすだろう、理解するだろう
tvām【単数・対格、二人称代名詞 tvad】あなたを
mahārathās【男性・複数・主格】偉大な戦士たちは、大車を駆る者たちは

येषां च त्वं बहुमतो भूत्वा
yeṣāṁ ca tvaṁ bahumato bhūtvā
イェーシャーン チャ トヴァン バフマトー ブートヴァー
あなたは彼らに高く評価されていたのに


yeṣām【男性・複数・属格、関係代名詞 yad】その人々にとって、あの人々にとって、彼らにとって。ここでは戦場に集結した縁者を指している。
ca【接続詞】そして、また、~と
tvam【単数・主格、二人称代名詞 tvad】あなたは
bahu【男性】多い、たくさんの、多数の、いくつもの、豊富な、十分な、数々の、幾多の、巨大な、相当な
matas【男性・単数・主格、過去受動分詞 √man】(属格)によって尊重された、尊敬された、厚遇された;高く評価された
→bahumatas【男性・単数・主格】高く評価された、十分な尊敬を受けた
bhūtvā【絶対分詞 √bhū】あって、存在して

यास्यसि लाघवम् ॥
yāsyasi lāghavam ||
ヤースヤシ ラーガヴァム
あなたは軽蔑されることになるだろう


yāsyasi【二人称・単数・パラスマイパダ・未来 √yā】[あなたは]動くだろう、行くだろう、歩くだろう、赴くだろう;~に帰するだろう、~に陥るだろう、~を招くだろう、~を経験するだろう、~に到達するだろう
lāghavam【中性・単数・対格】軽薄に、無思慮に;無価値に、卑賤に、細小に;品位の毀損に;軽蔑に

भयाद्रणादुपरतं मण्स्यन्ते त्वां महारथाः ।
येषां च त्वं बहुमतो भूत्वा यास्यसि लाघवम् ॥ ३५ ॥

bhayādraṇāduparataṁ maṇsyante tvāṁ mahārathāḥ |
yeṣāṁ ca tvaṁ bahumato bhūtvā yāsyasi lāghavam || 35 ||
偉大な戦士たちは、あなたが恐怖から戦いをやめたと思うだろう。
あなたは彼らに高く評価されていたのに、軽蔑されることになるだろう。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227