カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第2章第43節

2010.05.11 Tuesday

कामात्मानः स्वर्गपरा
kāmātmānaḥ svargaparā
カーマートマーナハ スヴァルガパラー
欲望を性とし、天界に行くことを目的とする(愚者たちは)


kāma【男性】~に対する願望、欲望;愛、快楽;利益;性愛;愛の神
ātmānas【男性・複数・主格、ātman】気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
→kāmātmānas【男性・複数・主格、所有複合語】淫蕩な;愛で満たされる、欲望にふける、欲望を性とする
svarga【男性】天界、天国、天上界
parās【男性・複数・主格、para】~を主要なものとする、~を目的とする、~に熱中する
→svargaparā【男性・複数・主格】天界を願う、天界に夢中になる、天国に行くことを目的とする

जन्मकर्मफलप्रदाम् ।
janmakarmaphalapradām |
ジャンマカルマパラプラダーム
行為の結果として転生をもたらす(この華やかな言葉を語る)


janma【中性】誕生、産出;出現;再生
karma【中性】行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業
phala【中性】果実;(果実の)核;結果;報い、報酬、利益、果報;報復、罰、損失、不利益;利得、享受;代償
pradām【女性・単数・対格、prada】与える、付与する、譲る;給する;発言する、発音する;引き起こす、生ずる
→janmakarmaphalapradām【女性・単数・対格、限定複合語】行為の結果として再生をもたらす、行為の報いとして転生を引き起こす

क्रियाविशेषबहुलां
kriyāviśeṣabahulāṁ
クリヤーヴィシェーシャバフラーン
多種多様な儀式に満ちた(この華やかな言葉を語る)


kriyās【女性】祭式、供儀、儀式、供養
viśeṣa【女性】法外な、多量の、多種の;特定の、特殊の、特別の
bahulām【女性、単数・対格、bahula】厚い、密集した;濃い;幅広い、広い、範囲の広い、大きい;豊富な、おびただしい、数多い、多い;(具格)~に富んだ、~に満ちた
→kriyāviśeṣabahulām【女性・単数・対格、限定複合語】多種多様の儀式に満ちた、特定の儀式に満ちた

भोगैश्वर्यगतिं प्रति ॥
bhogaiśvaryagatiṁ prati ||
ボーガイシュヴァリヤガティン プラティ
享楽と権力をめざす(この華やかな言葉を語る)


bhoga【男性】食べること、享受すること、消耗すること;享有、享受;性的享楽;支配、統括;感覚、知覚;利益;快楽、歓喜;享楽の対象;財産、収益
aiśvarya【中性】大王の地位、王たること;至上の主権;支配;王領;~の支配、~の主権
gatim【女性・単数・対格、gati】行くことに、動くことに;道に、方向に
→bhogaiśvaryagatim【女性・単数・対格、限定複合語】享楽と権力の方向に、享楽と権力を目的とした
prati【副詞】に対して、反対して;返して、返報として。【前置詞】~の方へ、~の方向に、~のために、~に関して、~において

कामात्मानः स्वर्गपरा जन्मकर्मफलप्रदाम् ।
क्रियाविशेषबहुलां भोगैश्वर्यगतिं प्रति ॥ ४३ ॥

kāmātmānaḥ svargaparā janmakarmaphalapradām |
kriyāviśeṣabahulāṁ bhogaiśvaryagatiṁ prati || 43 ||
欲望を性とし、天界に行くことを目的とする彼らは、行為の結果として転生をもたらし、
享楽と権力をめざすさまざまな儀式についての美辞麗句を並べる。

さまざまな神格におけるガーヤトリー・マントラ

2010.05.10 Monday

「ガーヤトリー・マントラのひとつの明確な特徴としては、この詠唱を通じて、わたしたちに正しい知性、知識、啓蒙を授けてくれるよう、至高神にお願いすることです。このマントラの24音節からなる詠唱は、人間の肉体の24の異なる部位に共鳴するといわれます。また、詠唱によって特別なオーラが肉体の周囲に生み出されるといいます。これらの2つの変化によって、わたしたちは次の2つの恩恵を手にします。すなわち、宇宙の神秘についての天啓と、過去世に犯した罪の浄罪です。このようにして、人は輪廻の循環から自由になることができます。それに加え、収入、資産、知力の増大という世俗的な恩恵が、探求者が世俗的な欲望も、物質的な執着をも持っていなくても、もたらされるといいます。このような恩恵は、他のマントラでは見られないため、ガーヤトリー・マントラはインド文化の中で、きわめて重要なマントラに位置づけられています。」
(SHRIRAM SHARMA ACHARYA著、「The Science of Gayatri Mantra」、p.2、Shantikunj, Haridwar,(U.P), Indiaより)

今回、Shri Aswath, Dr. Sunder Hattangadi, Dr. Cynthia M. Churchill各氏のご協力のもと、さまざまな神格におけるガーヤトリー・マントラをご用意できました。皆様の日々の生活にお役立ていただければ幸いです。

सूर्य(sūrya、スーリヤ(太陽))

ॐ भूर्भुवः स्वः तत्सवितुर्वरेण्यं भर्गो देवस्य धीमहि ।
धियो यो नः प्रचोदयात्‌ ॥
om bhūrbhuvaḥ svaḥ tatsaviturvareṇyaṁ bhargo devasya dhīmahi |
dhiyo yo naḥ pracodayāt ||
オーム ブールブヴァハ スヴァハ タットサヴィトゥルヴァレーンニャン バルゴー デーヴァスヤ ディーマヒ
ディヨー ヨー ナハ プラチョーダヤートゥ

ॐ भास्कराय विद्महे महद्युतिकराय धीमहि ।
तन्नो आदित्यः प्रचोदयात्‌ ॥
om bhāskarāya vidmahe mahadyutikarāya dhīmahi |
tanno ādityaḥ pracodayāt ||
オーム バースカラーヤ ヴィッドゥマヘー マハディユティカラーヤ ディーマヒ
タンノー アーディティヤハ プラチョーダヤートゥ

ॐ आदित्याय विद्महे सहस्रकिरणाय धीमहि ।
तन्नो भानुः प्रचोदयात्‌ ॥
om ādityāya vidmahe sahasrakiraṇāya dhīmahi |
tanno bhānuḥ pracodayāt ||
オーム アーディティヤーヤ ヴィッドゥマヘー サハスラキラナーヤ ディーマヒ
タンノー バーヌフ プラチョーダヤートゥ

ॐ प्रभाकराय विद्महे दिवाकराय धीमहि ।
तन्नः सूर्यः प्रचोदयात्‌ ॥
om prabhākarāya vidmahe divākarāya dhīmahi |
tannaḥ sūryaḥ pracodayāt ||
オーム プラバーカラーヤ ヴィッドゥマヘー ディヴァーカラーヤ ディーマヒ
タンナハ スーリヤハ プラチョーダヤートゥ

ॐ अश्वध्वजाय विद्महे पाशहस्ताय धीमहि ।
तन्नः सूर्यः प्रचोदयात्‌ ॥
om aśvadhvajāya vidmahe pāśahastāya dhīmahi |
tannaḥ sūryaḥ pracodayāt ||
オーム アシュヴァドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー パーシャハスターヤ ディーマヒ
タンナハ スーリヤハ プラチョーダヤートゥ

चन्द्र(candra、チャンドラ(月))

ॐ क्षीरपुत्राय विद्महे महाकालाय धीमहि ।
तन्नश्चन्द्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om kṣīraputrāya vidmahe mahākālāya dhīmahi |
tannaścandraḥ pracodayāt ||
オーム クシーラプットラーヤ ヴィッドゥマヘー マハーカーラーヤ ディーマヒ
タンナシュチャンドラハ プラチョーダヤートゥ

ॐ क्षीरपुत्राय विद्महे अमृतत्वाय धीमहि ।
तन्नश्चन्द्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om kṣīraputrāya vidmahe amṛtatvāya dhīmahi |
tannaścandraḥ pracodayāt ||
オーム クシーラプットラーヤ ヴィッドゥマヘー アムリタットヴァーヤ ディーマヒ
タンナシュチャンドラハ プラチョーダヤートゥ

ॐ निशाकराय विद्महे कलानाथाय धीमहि ।
तन्नः सोमः प्रचोदयात्‌ ॥
om niśākarāya vidmahe kalānāthāya dhīmahi |
tannaḥ somaḥ pracodayāt ||
オーム ニシャーカラーヤ ヴィッドゥマヘー カラーナーターヤ ディーマヒ
タンナハ ソーマハ プラチョーダヤートゥ

अंगारक(aṁgāraka、アンガーラカ(火星))

ॐ वीरध्वजाय विद्महे विघ्नहस्ताय धीमहि ।
तन्नो भौमः प्रचोदयात्‌ ॥
om vīradhvajāya vidmahe vighnahastāya dhīmahi |
tanno bhaumaḥ pracodayāt ||
オーム ヴィーラドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー ヴィグナハスターヤ ディーマヒ
タンノー バウマハ プラチョーダヤートゥ

ॐ अंगारकाय विद्महे भूमिपालाय धीमहि ।
तन्नः कुजः प्रचोदयात्‌ ॥
om aṁgārakāya vidmahe bhūmipālāya dhīmahi |
tannaḥ kujaḥ pracodayāt ||
オーム アンガーラカーヤ ヴィッドゥマヘー ブーミパーラーヤ ディーマヒ
タンナハ クジャハ プラチョーダヤートゥ

ॐ चित्रिपुत्राय विद्महे लोहितांगाय धीमहि ।
तन्नो भौमः प्रचोदयात्‌ ॥
om citriputrāya vidmahe lohitāṁgāya dhīmahi |
tanno bhaumaḥ pracodayāt ||
オーム チトリプットラーヤ ヴィッドゥマヘー ローヒターンガーヤ ディーマヒ
タンノー バウマハ プラチョーダヤートゥ

बुध(budha、ブダ(水星))

ॐ गजध्वजाय विद्महे सुखहस्ताय धीमहि ।
तन्नो बुधः प्रचोदयात्‌ ॥
om gajadhvajāya vidmahe sukhahastāya dhīmahi |
tanno budhaḥ pracodayāt ||
オーム ガジャドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー スカハスターヤ ディーマヒ
タンノー ブダハ プラチョーダヤートゥ

ॐ चन्द्रपुत्राय विद्महे रोहिणी प्रियाय धीमहि ।
तन्नो बुधः प्रचोदयात्‌ ॥
om candraputrāya vidmahe rohiṇī priyāya dhīmahi |
tanno budhaḥ pracodayāt ||
オーム チャンドラプットラーヤ ヴィッドゥマヘー ローヒニー プリヤーヤ ディーマヒ
タンノー ブダハ プラチョーダヤートゥ

गुरु(guru、グル(木星))

ॐ वृषभध्वजाय विद्महे क्रुनिहस्ताय धीमहि ।
तन्नो गुरुः प्रचोदयात्‌ ॥
om vṛṣabhadhvajāya vidmahe krunihastāya dhīmahi |
tanno guruḥ pracodayāt ||
オーム ヴリシャバドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー クルニハスターヤ ディーマヒ
タンノー グルフ プラチョーダヤートゥ

ॐ सुराचार्याय विद्महे सुरश्रेष्ठाय धीमहि ।
तन्नो गुरुः प्रचोदयात्‌ ॥
om surācāryāya vidmahe suraśreṣṭhāya dhīmahi |
tanno guruḥ pracodayāt ||
オーム スラーチャーリヤーヤ ヴィッドゥマヘー スラシュレーシュターヤ ディーマヒ
タンノー グルフ プラチョーダヤートゥ

शुक्र(śukra、シュクラ(金星))

ॐ अश्वध्वजाय विद्महे धनुर्हस्ताय धीमहि ।
तन्नः शुक्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om aśvadhvajāya vidmahe dhanurhastāya dhīmahi |
tannaḥ śukraḥ pracodayāt ||
オーム アシュヴァドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー ダヌルハスターヤ ディーマヒ
タンナハ シュクラハ プラチョーダヤートゥ

ॐ रजदाभाय विद्महे भृगुसुताय धीमहि ।
तन्नः शुक्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om rajadābhāya vidmahe bhṛgusutāya dhīmahi |
tannaḥ śukraḥ pracodayāt ||
オーム ラジャダーバーヤ ヴィッドゥマヘー ブリグスターヤ ディーマヒ
タンナハ シュクラハ プラチョーダヤートゥ

शनीश्वर(śanīśvara、シャニーシュヴァラ(土星))

ॐ काकध्वजाय विद्महे खड्गहस्ताय धीमहि ।
तन्नो मन्दः प्रचोदयात्‌ ॥
om kākadhvajāya vidmahe khaḍgahastāya dhīmahi |
tanno mandaḥ pracodayāt ||
オーム カーカドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー カドゥガハスターヤ ディーマヒ
タンノー マンダハ プラチョーダヤートゥ

ॐ शनैश्चराय विद्महे सूर्यपुत्राय धीमहि ।
तन्नो मन्दः प्रचोदयात्‌ ॥
om śanaiścarāya vidmahe sūryaputrāya dhīmahi |
tanno mandaḥ pracodayāt ||
オーム シャナイシュチャラーヤ ヴィッドゥマヘー スーリヤプットラーヤ ディーマヒ
タンノー マンダハ プラチョーダヤートゥ

राहु(rāhu、ラーフ)

ॐ नाकध्वजाय विद्महे पद्महस्ताय धीमहि ।
तन्नो राहुः प्रचोदयात्‌ ॥
om nākadhvajāya vidmahe padmahastāya dhīmahi |
tanno rāhuḥ pracodayāt ||
オーム ナーカドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー パドマハスターヤ ディーマヒ
タンノー ラーフフ プラチョーダヤートゥ

केतु(ketu、ケートゥ)

ॐ अश्वध्वजाय विद्महे शूलहस्ताय धीमहि ।
तन्नः केतुः प्रचोदयात्‌ ॥
om aśvadhvajāya vidmahe śūlahastāya dhīmahi |
tannaḥ ketuḥ pracodayāt ||
オーム アシュヴァドゥヴァジャーヤ ヴィッドゥマヘー シューラハスターヤ ディーマヒ
タンナハ ケートゥフ プラチョーダヤートゥ

ॐ चित्रवर्णाय विद्महे सर्परूपाय धीमहि ।
तन्नः केतुः प्रचोदयात्‌ ॥
om citravarṇāya vidmahe sarparūpāya dhīmahi |
tannaḥ ketuḥ pracodayāt ||
オーム チトラヴァルナーヤ ヴィッドゥマヘー サルパルーパーヤ ディーマヒ
タンナハ ケートゥフ プラチョーダヤートゥ

पृथ्वी(pṛthvī、プリトゥヴィー(大地の女神))

ॐ पृथ्वी देव्यै विद्महे सहस्रमर्त्यै च धीमहि ।
तन्नः पृथ्वी प्रचोदयात्‌ ॥
om pṛthvī devyai vidmahe sahasramartyai ca dhīmahi |
tannaḥ pṛthvī pracodayāt ||
オーム プリトゥヴィー デーヴィヤイ サハスラマルティヤイ チャ ディーマヒ
タンナハ プリトゥヴィー プラチョーダヤートゥ

ब्रह्मा(brahmā、ブラフマー)

ॐ चतुर्मुखाय विद्महे हंसारूढाय धीमहि ।
तन्नो ब्रह्मा प्रचोदयात्‌ ॥
om caturmukhāya vidmahe haṁsārūḍhāya dhīmahi |
tanno brahmā pracodayāt ||
オーム チャトゥルムカーヤ ヴィッドゥマヘー ハンサールーダーヤ ディーマヒ
タンノー ブラフマー プラチョーダヤートゥ

ॐ वेदात्मनाय विद्महे हिरण्यगर्भाय धीमहि ।
तन्नो ब्रह्मा प्रचोदयात्‌ ॥
om vedātmanāya vidmahe hiraṇyagarbhāya dhīmahi |
tanno brahmā pracodayāt ||
オーム ヴェーダートマナーヤ ヴィッドゥマヘー ヒランニャガルバーヤ ディーマヒ
タンノー ブラフマー プラチョーダヤートゥ

ॐ चतुर्मुखाय विद्महे कमण्डलुधराय धीमहि ।
तन्नो ब्रह्मा प्रचोदयात्‌ ॥
om caturmukhāya vidmahe kamaṇḍaludharāya dhīmahi |
tanno brahmā pracodayāt ||
オーム チャトゥルムカーヤ ヴィッドゥマヘー カマンダルダラーヤ ディーマヒ
タンノー ブラフマー プラチョーダヤートゥ

ॐ परमेश्वराय विद्महे परमतत्त्वाय धीमहि ।
तन्नो ब्रह्मा प्रचोदयात्‌ ॥
om parameśvarāya vidmahe paramatattvāya dhīmahi |
tanno brahmā pracodayāt ||
オーム パラメーシュヴァラーヤ ヴィッドゥマヘー パラマタットヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ブラフマー プラチョーダヤートゥ

विष्णु(viṣṇu、ヴィシュヌ)

ॐ नारायणाय विद्महे वासुदेवाय धीमहि ।
तन्नो विष्णुः प्रचोदयात्‌ ॥
om nārāyaṇāya vidmahe vāsudevāya dhīmahi |
tanno viṣṇuḥ pracodayāt ||
オーム ナーラーヤナーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァースデーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ヴィシュヌフ プラチョーダヤートゥ

नारायण(nārāyaṇa、ナーラーヤナ)

ॐ नारायणाय विद्महे वासुदेवाय धीमहि ।
तन्नो विष्णुः प्रचोदयात्‌ ॥
om nārāyaṇāya vidmahe vāsudevāya dhīmahi |
tanno viṣṇuḥ pracodayāt ||
オーム ナーラーヤナーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァースデーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ヴィシュヌフ プラチョーダヤートゥ

वेंकटेश्वर(veṁkaṭeśvara、ヴェーンカテーシュヴァラ)

ॐ निरंजनाय विद्महे निराभासाय धीमहि ।
तन्नः श्रीनिवासः प्रचोदयात्‌ ॥
om niraṁjanāya vidmahe nirābhāsāya dhīmahi |
tannaḥ śrīnivāsaḥ pracodayāt ||
オーム ニランジャナーヤ ヴィッドゥマヘー ニラーバーサーヤ ディーマヒ
タンナハ シュリーニヴァーサハ プラチョーダヤートゥ

राम(rāma、ラーマ)

ॐ रघुवंश्याय विद्महे सीतावल्लभाय धीमहि ।
तन्नो रामः प्रचोदयात्‌ ॥
om raghuvaṁśyāya vidmahe sītāvallabhāya dhīmahi |
tanno rāmaḥ pracodayāt ||
オーム ラグヴァンシャーヤ ヴィッドゥマヘー シーターヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンノー ラーマハ プラチョーダヤートゥ

ॐ दाशरथाय विद्महे सीतावल्लभाय धीमहि ।
तन्नो रामः प्रचोदयात्‌ ॥
om dāśarathāya vidmahe sītāvallabhāya dhīmahi |
tanno rāmaḥ pracodayāt ||
オーム ダーシャラターヤ ヴィッドゥマヘー シーターヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンノー ラーマハ プラチョーダヤートゥ

ॐ भरताग्रजाय विद्महे सीतावल्लभाय धीमहि ।
तन्नो रामः प्रचोदयात्‌ ॥
om bharatāgrajāya vidmahe sītāvallabhāya dhīmahi |
tanno rāmaḥ pracodayāt ||
オーム バラターグラジャーヤ ヴィッドゥマヘー シーターヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンノー ラーマハ プラチョーダヤートゥ

ॐ भरताग्रजाय विद्महे रघुनन्दनाय धीमहि ।
तन्नो रामः प्रचोदयात्‌ ॥
om bharatāgrajāya vidmahe raghunandanāya dhīmahi |
tanno rāmaḥ pracodayāt ||
オーム バラターグラジャーヤ ヴィッドゥマヘー ラグナンダナーヤ ディーマヒ
タンノー ラーマハ プラチョーダヤートゥ

कृष्ण(kṛṣṇa、クリシュナ)

ॐ देवकीनन्दनाय विद्महे वासुदेवाय धीमहि ।
तन्नः कृष्णः प्रचोदयात्‌ ॥
om devakīnandanāya vidmahe vāsudevāya dhīmahi |
tannaḥ kṛṣṇaḥ pracodayāt ||
オーム デーヴァキーナンダナーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァースデーヴァーヤ ディーマヒ
タンナハ クリシュナハ プラチョーダヤートゥ

ॐ दामोदराय विद्महे रुक्मिणीवल्लभाय धीमहि ।
तन्नः कृष्णः प्रचोदयात्‌ ॥
om dāmodarāya vidmahe rukmiṇīvallabhāya dhīmahi |
tannaḥ kṛṣṇaḥ pracodayāt ||
オーム ダーモーダラーヤ ヴィッドゥマヘー ルクミニーヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンナハ クリシュナハ プラチョーダヤートゥ

ॐ गोविन्दाय विद्महे गोपीवल्लभाय धीमहि ।
तन्नः कृष्णः प्रचोदयात्‌ ।
om govindāya vidmahe gopīvallabhāya dhīmahi |
tannaḥ kṛṣṇaḥ pracodayāt |
オーム ゴーヴィンダーヤ ヴィッドゥマヘー ゴーピーヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンナハ クリシュナハ プラチョーダヤートゥ

गोपाल(gopāla、ゴーパーラ)

ॐ गोपालाय विद्महे गोपीजनवल्लभाय धीमहि ।
तन्नो गोपालः प्रचोदयात्‌ ॥
om gopālāya vidmahe gopījanavallabhāya dhīmahi |
tanno gopālaḥ pracodayāt ||
オーム ゴーパーラーヤ ヴィッドゥマヘー ゴーピージャナヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンノー ゴーパーラハ プラチョーダヤートゥ

पाण्डुरंग(pāṇḍuraṁga、パーンドゥランガ)

ॐ भक्तवरदाय विद्महे पाण्डुरंगाय धीमहि ।
तन्नः कृष्णः प्रचोदयात्‌ ॥
om bhaktavaradāya vidmahe pāṇḍuraṁgāya dhīmahi |
tannaḥ kṛṣṇaḥ pracodayāt ||
オーム バクタヴァラダーヤ ヴィッドゥマヘー パーンドゥランガーヤ ディーマヒ
タンナハ クリシュナハ プラチョーダヤートゥ

नृसिंह(nṛsiṁha、ヌリシンハ)

ॐ वज्रनखाय विद्महे तीक्ष्णदंष्ट्राय धीमहि ।
तन्नो नारसिंहः प्रचोदयात्‌ ॥
om vajranakhāya vidmahe tīkṣṇadaṁṣṭrāya dhīmahi |
tanno nārasiṁhaḥ pracodayāt ||
オーム ヴァシュラナカーヤ ヴィッドゥマヘー ティークシュナダンシュトラーヤ ディーマヒ
タンノー ラーラシンハハ プラチョーダヤートゥ

ॐ नृसिंहाय विद्महे वज्रनखाय धीमहि ।
तन्नो सिंहः प्रचोदयात्‌ ॥
om nṛsiṁhāya vidmahe vajranakhāya dhīmahi |
tanno siṁhaḥ pracodayāt ||
オーム ヌリシンハーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァシュラナカーヤ ディーマヒ
タンノー シンハハ プラチョーダヤートゥ

परशुराम(paraśurāma、パラシュラーマ)

ॐ जामदग्न्याय विद्महे महावीराय धीमहि ।
तन्नः परशुरामः प्रचोदयात्‌ ॥
om jāmadagnyāya vidmahe mahāvīrāya dhīmahi |
tannaḥ paraśurāmaḥ pracodayāt ||
オーム ジャーマダグニャーヤ ヴィッドゥマヘー マハーヴィーラーヤ ディーマヒ
タンナハ パラシュラーマハ プラチョーダヤートゥ

इन्द्र(indra、インドラ)

ॐ सहस्रनेत्राय विद्महे वज्रहस्ताय धीमहि ।
तन्नो इन्द्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om sahasranetrāya vidmahe vajrahastāya dhīmahi |
tanno indraḥ pracodayāt ||
オーム サハスラネートラーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァジュラハスターヤ ディーマヒ
タンノー インドラハ プラチョーダヤートゥ

हनुमान्(hanumān、ハヌマーン)

ॐ आंजनेयाय विद्महे महाबलाय धीमहि ।
तन्नो हनुमान् प्रचोदयात्‌ ॥
om āṁjaneyāya vidmahe mahābalāya dhīmahi |
tanno hanumān pracodayāt ||
オーム アーンジャネーヤーヤ ヴィッドゥマヘー マハーバラーヤ ディーマヒ
タンノー ハヌマーン プラチョーダヤートゥ

ॐ आंजनेयाय विद्महे वायुपुत्राय धीमहि ।
तन्नो हनुमान् प्रचोदयात्‌ ॥
om āṁjaneyāya vidmahe vāyuputrāya dhīmahi |
tanno hanumān pracodayāt ||
オーム アーンジャネーヤーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァーユプットラーヤ ディーマヒ
タンノー ハヌマーン プラチョーダヤートゥ

मारुति(māruti、マールティ(ハヌマーンの別名))

ॐ मरुत्पुत्राय विद्महे आंजनेयाय धीमहि ।
तन्नो मारुतिः प्रचोदयात्‌ ॥
om marutputrāya vidmahe āṁjaneyāya dhīmahi |
tanno mārutiḥ pracodayāt ||
オーム マルトプットラーヤ ヴィッドゥマヘー アーンジャネーヤーヤ ディーマヒ
タンノー マールティヒ プラチョーダヤートゥ

दुर्गा(durgā、ドゥルガー)

ॐ कात्यायनाय विद्महे कन्यकुमारि धीमहि ।
तन्नो दुर्गा प्रचोदयात्‌ ॥
om kātyāyanāya vidmahe kanyakumāri dhīmahi |
tanno durgā pracodayāt ||
オーム カーティヤーヤナーヤ ヴィッドゥマヘー カンニャクマーリ ディーマヒ
タンノー ドゥルガー プラチョーダヤートゥ

ॐ महाशूलिन्यै विद्महे महादुर्गायै धीमहि ।
तन्नो भगवती प्रचोदयात्‌ ॥
om mahāśūlinyai vidmahe mahādurgāyai dhīmahi |
tanno bhagavatī pracodayāt ||
オーム マハーシューリンニャイ ヴィッドゥマヘー マハードゥルガーヤイ ディーマヒ
タンノー バガヴァティー プラチョーダヤートゥ

ॐ गिरिजायै च विद्महे शिवप्रियायै च धीमहि ।
तन्नो दुर्गा प्रचोदयात्‌ ॥
om girijāyai ca vidmahe śivapriyāyai ca dhīmahi |
tanno durgā pracodayāt ||
オーム ギリジャーヤイ チャ ヴィッドゥマヘー シヴァプリヤーヤイ チャ ディーマヒ
タンノー ドゥルガー プラチョーダヤートゥ

शक्ति(śakti、シャクティ)

ॐ सर्वसंमोहिन्यै विद्महे विश्वजनन्यै च धीमहि ।
तन्नः शक्तिः प्रचोदयात्‌ ॥
om sarvasaṁmohinyai vidmahe viśvajananyai ca dhīmahi |
tannaḥ śaktiḥ pracodayāt ||
オーム サルヴァサンモーヒンニャイ ヴィッドゥマヘー ヴィシュヴァジャナンニャイ チャ ディーマヒ
タンナハ シャクティヒ プラチョーダヤートゥ

काली(kālī、カーリー)

ॐ कालिकायै च विद्महे श्मशानवासिन्यै च धीमहि ।
तन्नो अघोरा प्रचोदयात्‌ ॥
om kālikāyai ca vidmahe śmaśānavāsinyai ca dhīmahi |
tanno aghorā pracodayāt ||
オーム カーリカーヤイ チャ ヴィッドゥマヘー シュマシャーナヴァーシンニャイ チャ ディーマヒ
タンノー アゴーラー プラチョーダヤートゥ

ॐ आद्यायै च विद्महे परमेश्वर्यै च धीमहि ।
तन्नः कालीः प्रचोदयात्‌ ॥
om ādyāyai ca vidmahe parameśvaryai ca dhīmahi |
tannaḥ kālīḥ pracodayāt ||
オーム アーディヤーヤイ チャ ヴィッドゥマヘー パラメーシュヴァリヤイ チャ ディーマヒ
タンナハ カーリーヒ プラチョーダヤートゥ

देवी(devī、デーヴィー)

ॐ महाशूलिन्यै च विद्महे महादुर्गायै धीमहि ।
तन्नो भगवती प्रचोदयात्‌ ॥
om mahāśūlinyai ca vidmahe mahādurgāyai dhīmahi |
tanno bhagavatī pracodayāt ||
オーム マハーシュリンニャイ チャ ヴィッドゥマヘー マハードゥルガーヤイ ディーマヒ
タンノー バガヴァティー プラチョーダヤートゥ

ॐ वाग्देव्यै च विद्महे कामराज्ञै च धीमहि ।
तन्नो देवी प्रचोदयात्‌ ॥
om vāgdevyai ca vidmahe kāmarājñai ca dhīmahi |
tanno devī pracodayāt ||
オーム ヴァーグデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー カーマラージュナイ チャ ディーマヒ
タンノー デーヴィー プラチョーダヤートゥ

गौरी(gaurī、ガウリー)

ॐ सुभगायै च विद्महे काममालिन्यै च धीमहि ।
तन्नो गौरी प्रचोदयात्‌ ॥
om subhagāyai ca vidmahe kāmamālinyai ca dhīmahi |
tanno gaurī pracodayāt ||
オーム スバガーヤイ チャ ヴィッドゥマヘー カーママーリンニャイ チャ ディーマヒ
タンノー ガウリー プラチョーダヤートゥ

लक्ष्मी(lakṣmī、ラクシュミー)

ॐ महालक्ष्मी च विद्महे विष्णुपत्नीश्च धीमहि ।
तन्नो लक्ष्मीः प्रचोदयात्‌ ॥
om mahālakṣmī ca vidmahe viṣṇupatnīśca dhīmahi |
tanno lakṣmīḥ pracodayāt ||
オーム マハーラクシュミー チャ ヴィッドゥマヘー ヴィシュヌパトニーシュチャ ディーマヒ
タンノー ラクシュミーヒ プラチョーダヤートゥ

ॐ महादेव्यै च विद्महे विष्णुपत्न्यै च धीमहि ।
तन्नो लक्ष्मीः प्रचोदयात्‌ ॥
om mahādevyai ca vidmahe viṣṇupatnyai ca dhīmahi |
tanno lakṣmīḥ pracodayāt ||
オーム マハーデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー ヴィシュヌパトニャイ チャ ディーマヒ
タンノー ラクシュミーヒ プラチョーダヤートゥ

सरस्वती(sarasvatī、サラスヴァティー)

ॐ वाग्देव्यै च विद्महे विरिंचिपत्न्यै च धीमहि ।
तन्नो वाणी प्रचोदयात्‌ ॥
om vāgdevyai ca vidmahe viriṁcipatnyai ca dhīmahi |
tanno vāṇī pracodayāt ||
オーム ヴァーグデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー ヴィリンチパットニャイ チャ ディーマヒ
タンノー ヴァーニー プラチョーダヤートゥ

सीता(sītā、シーター)

ॐ जनकनन्दिन्यै विद्महे भूमिजायै च धीमहि ।
तन्नः सीता प्रचोदयात्‌ ॥
om janakanandinyai vidmahe bhūmijāyai ca dhīmahi |
tannaḥ sītā pracodayāt ||
オーム ジャナカナンディンニャイ ヴィッドゥマヘー ブーミジャーヤイ チャ ディーマヒ
タンナハ シーター プラチョーダヤートゥ

राधा(rādhā、ラーダー)

ॐ वृषभानुजायै विद्महे कृष्णप्रियायै धीमहि ।
तन्नो राधा प्रचोदयात्‌ ॥
om vṛṣabhānujāyai vidmahe kṛṣṇapriyāyai dhīmahi |
tanno rādhā pracodayāt ||
オーム ヴリシャバーヌジャーヤイ ヴィッドゥマヘー クリシュナプリヤーヤイ ディーマヒ
タンノー ラーダー プラチョーダヤートゥ

अन्नपूर्णा(annapūrṇā、アンナプールナー)

ॐ भगवत्यै च विद्महे माहेश्वर्यै च धीमहि ।
तन्नो अन्नपूर्णा प्रचोदयात्‌ ॥
om bhagavatyai ca vidmahe māheśvaryai ca dhīmahi |
tanno annapūrṇā pracodayāt ||
オーム バガヴァティヤイ チャ ヴィッドゥマヘー マーヘーシュヴァリヤイ チャ ディーマヒ
タンノー アンナプールナー プラチョーダヤートゥ

तुलसी(tulasī、トゥラシー)

ॐ तुलसीदेव्यै च विद्महे विष्णुप्रियायै च धीमहि ।
तन्नो बृन्दः प्रचोदयात्‌ ॥
om tulasīdevyai ca vidmahe viṣṇupriyāyai ca dhīmahi |
tanno bṛndaḥ pracodayāt ||
オーム トゥラシーデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー ヴィシュヌプリヤーヤイ チャ ディーマヒ
タンノー ブリンダハ プラチョーダヤートゥ

महादेव(mahādeva、マハーデーヴァ)

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे महादेवाय धीमहि ।
तन्नो रुद्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe mahādevāya dhīmahi |
tanno rudraḥ pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー マハーデーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ルドラハ プラチョーダヤートゥ

रुद्र(rudra、ルドラ)

ॐ पुरुषस्य विद्महे सहस्राक्षस्य धीमहि ।
तन्नो रुद्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om puruṣasya vidmahe sahasrākṣasya dhīmahi |
tanno rudraḥ pracodayāt ||
オーム プルシャスヤ ヴィッドゥマヘー サハスラークシャスヤ ディーマヒ
タンノー ルドラハ プラチョーダヤートゥ

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे महादेवाय धीमहि ।
तन्नो रुद्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe mahādevāya dhīmahi |
tanno rudraḥ pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー マハーデーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ルドラハ プラチョーダヤートゥ

शंकर(śaṁkara、シャンカラ)

ॐ सदाशिवाय विद्महे सहस्राक्ष्याय धीमहि ।
तन्नो साम्बः प्रचोदयात्‌ ॥
om sadāśivāya vidmahe sahasrākṣyāya dhīmahi |
tanno sāmbaḥ pracodayāt ||
オーム サダーシヴァーヤ ヴィッドゥマヘー サハスラークシャーヤ ディーマヒ
タンノー サーンバハ プラチョーダヤートゥ

नन्दिकेश्वर(nandikeśvara、ナンディケーシュヴァラ)

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे नन्दिकेश्वराय धीमहि।
तन्नो वृषभः प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe nandikeśvarāya dhīmahi |
tanno vṛṣabhaḥ pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー ナンディケーシュヴァラーヤ ディーマヒ
タンノー ヴリシャバハ プラチョーダヤートゥ

गणेश(gaṇeśa、ガネーシャ)

ॐ तत्कराटाय विद्महे हस्तिमुखाय धीमहि ।
तन्नो दन्ती प्रचोदयात्‌ ॥
om tatkarāṭāya vidmahe hastimukhāya dhīmahi |
tanno dantī pracodayāt ||
オーム タットカラーターヤ ヴィッドゥマヘー ハスティムカーヤ ディーマヒ
タンノー ダンティー プラチョーダヤートゥ

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे वक्रतुण्डाय धीमहि ।
तन्नो दन्तिः प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe vakratuṇḍāya dhīmahi |
tanno dantiḥ pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー ヴァックラトゥンダーヤ ディーマヒ
タンノー ダンティヒ プラチョーダヤートゥ

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे हस्तिमुखाय धीमहि ।
तन्नो दन्ती प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe hastimukhāya dhīmahi |
tanno dantī pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー ハスティムカーヤ ディーマヒ
タンノー ダンティー プラチョーダヤートゥ

ॐ एकदन्ताय विद्महे वक्रतुण्डाय धीमहि ।
तन्नो दन्तिः प्रचोदयात्‌ ॥
om ekadantāya vidmahe vakratuṇḍāya dhīmahi |
tanno dantiḥ pracodayāt ||
オーム エーカダンターヤ ヴィッドゥマヘー ヴァックラトゥンダーヤ ディーマヒ
タンノー ダンティヒ プラチョーダヤートゥ

ॐ लम्बोदराय विद्महे महोदराय धीमहि ।
तन्नो दन्तिः प्रचोदयात्‌ ॥
om lambodarāya vidmahe mahodarāya dhīmahi |
tanno dantiḥ pracodayāt ||
オーム ラムボーダラーヤ ヴィッドゥマヘー マホーダラーヤ ディーマヒ
タンノー ダンティヒ プラチョーダヤートゥ

षण्मुख(ṣaṇmukha、シャンムカ)

ॐ षण्मुखाय विद्महे महासेनाय धीमहि ।
तन्नः स्कन्दः प्रचोदयात् ॥
om ṣaṇmukhāya vidmahe mahāsenāya dhīmahi |
tannaḥ skandaḥ pracodayāt||
オーム シャンムカーヤ ヴィッドゥマヘー マハーセーナーヤ ディーマヒ
タンナハ スカンダハ プラチョーダヤートゥ

ॐ षण्मुखाय विद्महे महासेनाय धीमहि ।
तन्नः षष्ठः प्रचोदयात्‌ ॥
om ṣaṇmukhāya vidmahe mahāsenāya dhīmahi |
tannaḥ ṣaṣṭhaḥ pracodayāt ||
オーム シャンムカーヤ ヴィッドゥマヘー マハーセーナーヤ ディーマヒ
タンナハ シャシュタハ プラチョーダヤートゥ

सुब्रह्मण्य(subrahmaṇya、スブラフマニヤ)

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे महासेनाय धीमहि ।
तन्नः षण्मुखः प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe mahāsenāya dhīmahi |
tannaḥ ṣaṇmukhaḥ pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー マハーセーナーヤ ディーマヒ
タンナハ シャンムカハ プラチョーダヤートゥ

ॐ(om、オーム)

ॐ ॐकाराय विद्महे डमरुजातस्य धीमहि ।
तन्नो प्रणवः प्रचोदयात्‌ ॥
om omkārāya vidmahe ḍamarujātasya dhīmahi |
tanno praṇavaḥ pracodayāt ||
オーム オームカーラーヤ ヴィッドゥマヘー ダマルジャータスヤ ディーマヒ
タンノー プラナヴァハ プラチョーダヤートゥ

अजपा(ajapā、アジャパー)

ॐ हंस हंसाय विद्महे सोऽहं हंसाय धीमहि ।
तन्नो हंसः प्रचोदयात्‌ ॥
om haṁsa haṁsāya vidmahe so'haṁ haṁsāya dhīmahi |
tanno haṁsaḥ pracodayāt ||
オーム ハンサ サンサーヤ ヴィッドゥマヘー ソーハン ハンサーヤ ディーマヒ
タンノー ハンサハ プラチョーダヤートゥ

दक्षिणामूर्ति(dakṣiṇāmūrti、ダクシナームールティ)

ॐ दक्षिणामूर्तये विद्महे ध्यानस्थाय धीमहि ।
तन्नो धीशः प्रचोदयात्‌ ॥
om dakṣiṇāmūrtaye vidmahe dhyānasthāya dhīmahi |
tanno dhīśaḥ pracodayāt ||
オーム ダクシナームールタイェー ヴィッドゥマヘー ディヤーナスターヤ ディーマヒ
タンノー ディーシャハ プラチョーダヤートゥ

गुरु(guru、グル)

ॐ गुरुदेवाय विद्महे परब्रह्मणे धीमहि ।
तन्नो गुरुः प्रचोदयात्‌ ॥
om gurudevāya vidmahe parabrahmaṇe dhīmahi |
tanno guruḥ pracodayāt ||
オーム グルデーヴァーヤ ヴィッドゥマヘー パラブラフマネー ディーマヒ
タンノー グルフ プラチョーダヤートゥ

हयग्रीव(hayagrīva、ハヤグリーヴァ)

ॐ वागीश्वराय विद्महे हयग्रीवाय धीमहि ।
तन्नो हंसः प्रचोदयात्‌ ॥
om vāgīśvarāya vidmahe hayagrīvāya dhīmahi |
tanno haṁsaḥ pracodayāt ||
オーム ヴァーギーシュヴァラーヤ ヴィッドゥマヘー ハヤグリーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ハンサハ プラチョーダヤートゥ

अग्नि(agni、アグニ)

ॐ सप्तजिह्वाय विद्महे अग्निदेवाय धीमहि ।
तन्नो अग्निः प्रचोदयात्‌ ॥
om saptajihvāya vidmahe agnidevāya dhīmahi |
tanno agniḥ pracodayāt ||
オーム サプタジフヴァーヤ ヴィッドゥマヘー アグニデーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー アグニヒ プラチョーダヤートゥ

ॐ वैश्वानराय विद्महे लालीलाय धीमहि ।
तन्नो अग्निः प्रचोदयात्‌ ॥
om vaiśvānarāya vidmahe lālīlāya dhīmahi |
tanno agniḥ pracodayāt ||
オーム ヴァイシュヴァーナラーヤ ヴィッドゥマヘー ラーリーラーヤ ディーマヒ
タンノー アグニヒ プラチョーダヤートゥ

ॐ महाज्वालाय विद्महे अग्निदेवाय धीमहि ।
तन्नो अग्निः प्रचोदयात्‌ ॥
om mahājvālāya vidmahe agnidevāya dhīmahi |
tanno agniḥ pracodayāt ||
オーム マハージュヴァーラーヤ ヴィッドゥマヘー アグニデーヴァーヤ ディーマヒ
タンノー アグニヒ プラチョーダヤートゥ

यम(yama、ヤマ)

ॐ सूर्यपुत्राय विद्महे महाकालाय धीमहि ।
तन्नो यमः प्रचोदयात्‌ ॥
om sūryaputrāya vidmahe mahākālāya dhīmahi |
tanno yamaḥ pracodayāt ||
オーム スーリヤプットラーヤ ヴィッドゥマヘー マハーカーラーヤ ディーマヒ
タンノー ヤマハ プラチョーダヤートゥ

वरुण(varuṇa、ヴァルナ)

ॐ जलबिम्बाय विद्महे नीलपुरुषाय धीमहि ।
तन्नो वरुणः प्रचोदयात्‌ ॥
om jalabimbāya vidmahe nīlapuruṣāya dhīmahi |
tanno varuṇaḥ pracodayāt ||
オーム ジャラビムバーヤ ヴィッドゥマヘー ニーラプルシャーヤ ディーマヒ
タンノー ヴァルナハ プラチョーダヤートゥ

वैश्वानर(vaiśvānara、ヴァイシュヴァーナラ)

ॐ पावकाय विद्महे सप्तजिह्वाय धीमहि ।
तन्नो वैश्वानरः प्रचोदयात्‌ ॥
om pāvakāya vidmahe saptajihvāya dhīmahi |
tanno vaiśvānaraḥ pracodayāt ||
オーム パーヴァカーヤ ヴィッドゥマヘー サプタジフヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ヴァイシュヴァーナラハ プラチョーダヤートゥ

मन्मथ(manmatha、マンマタ)

ॐ कामदेवाय विद्महे पुष्पवनाय धीमहि ।
तन्नः कामः प्रचोदयात्‌ ॥
om kāmadevāya vidmahe puṣpavanāya dhīmahi |
tannaḥ kāmaḥ pracodayāt ||
オーム カーマデーヴァーヤ ヴィッドゥマヘー プシュパヴァナーヤ ディーマヒ
タンナハ カーマハ プラチョーダヤートゥ

हंस(haṁsa、ハンサ)

ॐ हंसहंसाय विद्महे परमहंसाय धीमहि ।
तन्नो हंसः प्रचोदयात्‌ ॥
om haṁsahaṁsāya vidmahe paramahaṁsāya dhīmahi |
tanno haṁsaḥ pracodayāt ||
オーム ハンサハンサーヤ ヴィッドゥマヘー パラマハンサーヤ ディーマヒ
タンノー ハンサハ プラチョーダヤートゥ

ॐ परमहंसाय विद्महे महत्तत्त्वाय धीमहि ।
तन्नो हंसः प्रचोदयात्‌ ॥
om paramahaṁsāya vidmahe mahattattvāya dhīmahi |
tanno haṁsaḥ pracodayāt ||
オーム パラマハンサーヤ ヴィッドゥマヘー マハッタットヴァーヤ ディーマヒ
タンノー ハンサハ プラチョーダヤートゥ

नन्दी(nandī、ナンディー)

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे चक्रतुण्डाय धीमहि ।
तन्नो नन्दिः प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe cakratuṇḍāya dhīmahi |
tanno nandiḥ pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー チャクラトゥンダーヤ ディーマヒ
タンノー ナンディヒ プラチョーダヤートゥ

गरुड(garuḍa、ガルダ)

ॐ तत्पुरुषाय विद्महे सुवर्णपक्षाय धीमहि ।
तन्नो गरुडः प्रचोदयात्‌ ॥
om tatpuruṣāya vidmahe suvarṇapakṣāya dhīmahi |
tanno garuḍaḥ pracodayāt ||
オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー スヴァルナパクシャーヤ ディーマヒ
タンノー ガルダハ プラチョーダヤートゥ

सर्प(sarpa、サルパ)

ॐ नवकुलाय विद्महे विषदन्ताय धीमहि ।
तन्नः सर्पः प्रचोदयात्‌ ॥
om navakulāya vidmahe viṣadantāya dhīmahi |
tannaḥ sarpaḥ pracodayāt ||
オーム ナヴァクラーヤ ヴィッドゥマヘー ヴィシャダンターヤ ディーマヒ
タンナハ サルパハ プラチョーダヤートゥ

पांचजन्य(pāṁcajanya、パーンチャジャニヤ)

ॐ पांचजन्याय विद्महे पावमानाय धीमहि ।
तन्नः शंखः प्रचोदयात्‌ ॥
om pāṁcajanyāya vidmahe pāvamānāya dhīmahi |
tannaḥ śaṁkhaḥ pracodayāt ||
オーム パーンチャジャンニャーヤ ヴィッドゥマヘー パーヴァマーナーヤ ディーマヒ
タンナハ シャンカハ プラチョーダヤートゥ

सुदर्शन(sudarśana、スダルシャナ)

ॐ सुदर्शनाय विद्महे महाज्वालाय धीमहि ।
तन्नः चक्रः प्रचोदयात्‌ ॥
om sudarśanāya vidmahe mahājvālāya dhīmahi |
tannaḥ cakraḥ pracodayāt ||
オーム スダルシャナーヤ ヴィッドゥマヘー マハージュヴァーラーヤ ディーマヒ
タンナハ チャクラハ プラチョーダヤートゥ

その他、ガーヤトリー・マントラには上記以外のさまざまなヴァリエーションが存在します。
(誤字脱字などがございましたら、ご連絡お待ちしております)

バガヴァッド・ギーター第2章第42節

2010.05.08 Saturday

याम् इमां पुष्पितां वाचं
yām imāṁ puṣpitāṁ vācaṁ
ヤーム イマーン プシュピターン ヴァーチャン
この華やかな言葉を


yām【女性・単数・対格、関係代名詞 yad】~であるもの(which)
imām【女性・単数・対格、指示代名詞 idam】これを
puṣpitām【女性・単数・対格】花の咲いた、開花した、花の多い;花やいだ、華麗な
vācam【女性・単数・対格、vāc】言語を;声を、音を;話を、叙述を、言説を、語を;弁舌を

प्रवदन्त्यविपश्चितः ।
pravadantyavipaścitaḥ |
プラヴァダンティヤヴィパシュチタハ
愚者たちは語る


pravadanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 pra√vad】[彼らは]話し出す、発言する、語る、公言する、宣言する;断言する、肯定する
avipaścitas【男性・複数・主格、avipaścit】愚かな、分別のない、浅はかな、経験のない、無知な、無教養な

वेदवादरताः पार्थ
vedavādaratāḥ pārtha
ヴェーダヴァーダラターハ パールタ
ヴェーダ聖典の詩句に喜び、アルジュナよ


veda【男性】知識、祭祀の知識;ヴェーダ、神聖な知識;知覚
※ヴェーダはインド最古の聖典で、バラモン教において最も重要視される。ここでは、「ヴェーダ」は特にヴェーダ聖典に説かれた祭式に関する教説を指す。(上村勝彦注)
vāda【男性】談話、発言、陳述;~に関して話すこと;相談;提議、主題;討論、議論、論難
ratās【男性・複数・主格、過去受動分詞 √ram】喜んだ、満足した、喜ばしい
→vedavādaratās【男性・複数・主格、限定複合語】ヴェーダ聖典の言葉に喜ぶ、ヴェーダの詩句に喜ぶ
pārtha【男性・単数・呼格】プリターの息子よ。アルジュナのこと。

नान्यद् अस्तीति वादिनः ॥
nānyad astīti vādinaḥ ||
ナーニヤド アスティーティ ヴァーディナハ
他に何もないと言う


na【否定辞】~でない
anyat【中性・単数・主格】他の、別の、異なる
asti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[それは]ある、存在する、実在する
iti【副詞】~と、~ということ、以上(しばしば引用句の後に置かれる)
vādinas【男性・複数・主格、vādin】言う、話す、談論する;~に関して話す;~を公にする;述べる、指示する

यामिमां पुष्पितां वाचं प्रवदन्त्यविपश्चितः ।
वेदवादरताः पार्थ नान्यदस्तीति वादिनः ॥ ४२ ॥

yāmimāṁ puṣpitāṁ vācaṁ pravadantyavipaścitaḥ |
vedavādaratāḥ pārtha nānyadastīti vādinaḥ || 42 ||
愚者たちは、ヴェーダ聖典の詩句に喜び、他に何もないと言い、
美辞麗句を並べる。

バガヴァッド・ギーター第2章第41節

2010.05.07 Friday

व्यवसायात्मिका बुद्धिर्
vyavasāyātmikā buddhir
ヴィヤヴァサーヤートミカー ブッディル
決定性のある知性は


vyavasāya【男性】決意、決心、決定、目的
ātmikā【女性・単数・主格】~の性質を有する、~より成る、~に存する
→vyavasāyātmikā【女性・単数・主格】決定性のある、決定を性とする、決定の性質を有する
buddhis【女性・単数・主格】知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
※vyavasāyātmikā buddhis:ラーマーヌジャによれば、「解脱をめざす知性」。絶対者に集中された知性(上村勝彦注)。

एकेह कुरुनन्दन ।
ekeha kurunandana |
エーケーハ クルナンダナ
この世で唯一のもの、アルジュナよ


ekā【女性・単数・主格】1の;単独の;1個の;同一の;共通の
iha【副詞】ここで[へ・に];この世で、地上で
kurunandana【男性・単数・呼格】クルの子孫よ。アルジュナの別名。クルはパーンドゥとドリタラーシュトラ共通の祖先にあたるため、クルクシェートラの戦いでは、多くの戦士はクルの子孫となる。

बहुशाखा ह्यनन्ताश्च
bahuśākhā hyanantāśca
バフシャーカー ヒヤナンターシュチャ
多岐に分かれて際限がない


bahu【男性】多い、たくさんの、多数の、いくつもの、豊富な、十分な、数々の、幾多の、巨大な、相当な
śākhās【女性・複数・主格】枝;最端、手足、腕;種、細別
→bahuśākhā【女性・複数・主格】多くの枝を保つ;広く分岐した(家族);多様の
hi【不変化辞】なぜならば、~のために;真に、確かに、実に
anantās【女性・複数・主格】終わりのない、極限のない、際限のない

बुद्धयो ऽव्यवसायिनाम् ॥
buddhayo 'vyavasāyinām ||
ブッダヨー ヴィヤヴァサーイナーム
決定を欠く者たちの知性は


buddhayas【女性・複数・主格】知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
avyavasāyinām【男性・複数・属格、avyavasāyin】無気力な者たちの、勢いのない者たちの;不決定な者たちの

व्यवसायात्मिका बुद्धिरेकेह कुरुनन्दन ।
बहुशाखा ह्यनन्ताश्च बुद्धयोऽव्यवसायिनाम् ॥ ४१ ॥

vyavasāyātmikā buddhirekeha kurunandana |
bahuśākhā hyanantāśca buddhayo'vyavasāyinām || 41 ||
アルジュナよ、(絶対者に集中する)決定性のある知性は、この世で唯一のものである。
決定を欠く者たちの知性は、多岐に分かれて際限がないが。

バガヴァッド・ギーター第2章第40節

2010.05.06 Thursday

नेहाभिक्रमनाशो ऽस्ति
nehābhikramanāśo 'sti
ネーハービクラマナーショー スティ
ここでは、努力が喪失することなく


na【否定辞】~でない
iha【副詞】ここで[へ・に];この世で、地上で
abhikrama【男性】近寄ること、歩いて近づくこと;上昇すること;仕事、企画、試み、企て;襲撃、征服
nāśas【男性・単数・主格、√naśからの派生名詞】損失、消失;壊滅、絶滅;零落;死
→abhikramanāśas【男性・単数・主格、限定複合語】努力の消滅が、努力の喪失が
asti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[それは]ある、存在する、実在する

प्रत्यवायो न विद्यते ।
pratyavāyo na vidyate |
プラティヤヴァーヨー ナ ヴィッディヤテー
退歩することもない


pratyavāyas【男性・単数・主格、prati-ava-√i】減少、縮小;逆、反対のコース、正反対の行為;不快なこと;不利益;失望;罪
na【否定辞】~でない
vidyate【三人称・単数・現在・受動活用 √vid】[それは]ある、存在する、見られる


स्वल्पम् अप्य् अस्य धर्मस्य
svalpam apy asya dharmasya
スヴァルパム アピ アッスヤ ダルマッスヤ
この教えのごく僅かでも


svalpam【男性・単数・対格】非常に小さい、僅少な、短い(時間)、取るに足りない
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
asya【男性・単数・属格、指示代名詞 idam】これの、この
dharmasya【男性・単数・属格】法の、教法の、教説の;美徳の、善行の

त्रायते महतो भयात् ॥
trāyate mahato bhayāt ||
トラーヤテー マハトー バヤート
大きな恐怖(輪廻)から救済する


trāyate【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 √trai】[それは]保護する、守る、救助する、救済する、助ける
mahatas【中性・単数・従格】偉大な;大きな、巨大な、広い
bhayāt【中性・単数・従格】恐怖から、驚きから、心配から

नेहाभिक्रमनाशोऽस्ति प्रत्यवायो न विद्यते ।
स्वल्पमप्यस्य धर्मस्य त्रायते महतो भयात् ॥ ४० ॥

nehābhikramanāśo'sti pratyavāyo na vidyate |
svalpamapyasya dharmasya trāyate mahato bhayāt || 40 ||
ここでは、努力が喪失することなく、退歩することもない。
この教えのごく僅かでも、大きな恐怖から人を救済する。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227