カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第2章第56節

2010.07.01 Thursday

दुःखेष्वनुद्विग्नमनाः
duḥkheṣvanudvignamanāḥ
ドゥフケーシュヴァヌドゥヴィグナマナーハ
不幸のなかで心乱されず


duḥkheṣu【中性・複数・処格】[~において、~のなかで]不安、心配、苦痛、悲しみ、悲哀、困難、苦しみ
anudvigna【過去受動分詞 an-ud√vij】激さない、驚かない、不安にならない、当惑しない、動揺しない
manās【男性・単数・主格】[~は、~が]心、内的器官、知性、理性、精神、良心、思考、意向、気分
→anudvignamanās【男性・単数・主格、所有複合語】心が乱されない、心が動揺しない、悩まない

सुखेषु विगतस्पृहः ।
sukheṣu vigataspṛhaḥ |
スケーシュ ヴィガタスプリハハ
幸福を切望せず


sukheṣu【中性・複数・処格】[~において、~のなかで]安楽、歓喜、幸福、享楽、繁栄、成功
vigata【過去受動分詞 vi√gam】離れた、立ち去った、止まった、消えた、亡くなった、無くなった
spṛhas【男性・単数・主格】[~は、~が]熱望、渇望、欲求、願望、欲望
→vigataspṛhas【男性・単数・主格、所有複合語】欲望がない、切望しない、執着しない

वीतरागभयक्रोधः
vītarāgabhayakrodhaḥ
ヴィータラーガバヤクローダハ
欲望、恐怖、怒りを離れた人は


vīta【過去受動分詞 vi√i】去った、消えた、失われた
rāga【男性】激しい欲望、情熱、愛、愛情、同情
bhaya【中性】恐れ、驚き、恐怖、心配、不安
krodhas【男性・単数・主格】[~は、~が]怒り、激怒、憤怒、激情
→vītarāgabhayakrodhas【男性・単数・主格、所有複合語】欲望、恐怖、怒りを離れた人は

स्थितधीर् मुनिर् उच्यते ॥
sthitadhīr munir ucyate ||
スティタディール ムニル ウッチャテー
叡知が確立した聖者と言われる


sthitadhīs【女性・単数・主格、所有複合語、sthita-dhī】心の堅固な、叡知の確立した、思慮の安定した
munis【男性・単数・主格】[~は、~が]霊感を得た人;賢人、預言者、苦行者、隠者、沈黙の誓約をした者、聖者
ucyate【三人称・単数・現在・受動活用 √vac】[彼は、それは]言われる、話される

दुःखेष्वनुद्विग्नमनाः सुखेषु विगतस्पृहः ।
वीतरागभयक्रोधः स्थितधीर्मुनिरुच्यते ॥ ५६ ॥

duḥkheṣvanudvignamanāḥ sukheṣu vigataspṛhaḥ |
vītarāgabhayakrodhaḥ sthitadhīrmunirucyate || 56 ||
不幸のなかで心乱されず、幸福を切望せず、
欲望、恐怖、怒りを離れた人は、叡知が確立した聖者と言われる。

バガヴァッド・ギーター第2章第55節

2010.06.28 Monday

श्रीभगवान् उवाच ।
śrībhagavān uvāca |
シュリーバガヴァーン ウヴァーチャ
クリシュナは語った


śrībhagavān【男性・単数・主格】栄光ある方、神聖な神、威厳ある尊者。ここではクリシュナのことを指す。
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は]言った、語った

प्रजहाति यदा कामान्
prajahāti yadā kāmān
プラジャハーティ ヤダー カーマーン
彼が欲望を捨てる時


prajahāti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 pra√hā】[彼は、それは]去る;見捨てる、断念する、放棄する、(義務に)違背する、(約束を)破る;投げる、ほうる、やむ、消え去る
yadā【接続詞】~である時、~する時
kāmān【男性・複数・対格】欲望を、願望を、欲求を;愛を、享楽を

सर्वान् पार्थ मनोगतान् ।
sarvān pārtha manogatān |
サルヴァーン パールタ マノーガターン
心にあるすべての、アルジュナよ


sarvān【男性・複数・対格】すべての、一切の
pārtha【男性・単数・呼格】プリターの息子よ。アルジュナのこと。
manas【中性】心、内的器官、知性、理性、精神、良心、思考、意向、気分
gatān【男性・複数・対格、過去受動分詞 √gam】行った、来た、~に陥った、~に於ける、~の中にある、~に含まれる、~に向けられた;死んだ;消えた、失われた
→manogatān【男性・複数・対格、manogata、限定複合語】心中におこる、心中に隠された、秘密の

आत्मन्येवात्मना तुष्टः
ātmanyevātmanā tuṣṭaḥ
アートマンニエーヴァートマナー トゥシュタハ
自ら自己に満足した


ātmani【男性・単数・処格、ātman】[-において、-の中に]気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
ātmanā【男性・単数・具格、ātman】[-によって、-をもって]気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
tuṣṭas【男性・単数・主格、過去受動分詞 √tuṣ】満足した、満足させられた、悦んだ

स्थितप्रज्ञस्तदोच्यते ॥
sthitaprajñastadocyate ||
スティタプラジュニャスタドーチャテー
そのとき、彼は智慧が確立したと言われる


sthitaprajñas【男性・単数・主格、所有複合語、sthita-prajña】確固とした智慧のある、叡知の堅固な、智慧が安定した、叡知の定まった
tadā【副詞】そのとき、それから
ucyate【三人称・単数・現在・受動活用 √vac】[彼は、それは]言われる、話される

श्रीभगवान् उवाच ।
प्रजहाति यदा कामान्सर्वान्पार्थ मनोगतान् ।
आत्मन्येवात्मना तुष्टः स्थितप्रज्ञस्तदोच्यते ॥ ५५ ॥

śrībhagavān uvāca |
prajahāti yadā kāmānsarvānpārtha manogatān |
ātmanyevātmanā tuṣṭaḥ sthitaprajñastadocyate || 55 ||
クリシュナは語りました。
アルジュナよ、人が心にあるすべての欲望を捨て、自ら自己に満足する時、
その人は智慧が確立した人と言われる。

バガヴァッド・ギーター第2章第54節

2010.06.23 Wednesday

अर्जुन उवाच ।
arjuna uvāca |
アルジュナ ウヴァーチャ
アルジュナは言った


arjunas【男性・単数・主格】アルジュナは
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は]言った、話した

स्थितप्रज्ञस्य का भाषा
sthitaprajñasya kā bhāṣā
スティタプラジュニャスヤ カー バーシャー
智慧の定まった者の特徴は、どのようなものか


sthitaprajñasya【男性・単数・属格、所有複合語、sthita-prajña】確固とした智慧のある、叡知の堅固な、智慧が安定した、叡知の定まった
kā【女性・単数・主格、疑問代名詞 kim】何、誰、なぜ、どんな、どのように
bhāṣā【女性・単数・主格】言葉、談話、言語;日常語、口語、方言;記述、定義;告訴、告発、起訴

समाधिस्थस्य केशव ।
samādhisthasya keśava |
サマーディスタッスヤ ケーシャヴァ
三昧に住する者の、クリシュナよ


samādhisthasya【男性・単数・属格、所有複合語、samādhi-stha】瞑想に専念している、三昧に住する
keśava【男性・単数・呼格】ケーシャヴァよ。クリシュナの別名。名前は「美しい(長い)髪をもつ者」の意。

स्थितधीः किं प्रभाषेत
sthitadhīḥ kiṁ prabhāṣeta
スティタディーヒ キン プラバーセータ
叡知の確立した者は、どのように語り


sthitadhīs【女性・単数・主格、所有複合語、sthita-dhī】心の堅固な、叡知の確立した、思慮の安定した
kim【中性・単数・主格、疑問代名詞】何が、誰が、なぜ、どんな、どのように
prabhāṣeta【三人称・単数・アートマネーパダ・願望法 pra-√bhāṣ】[彼は~だろう、彼は~するべき]宣言する、告げる、言明する;暴露する;言う、話す;説明する;名付ける;(対格)と対話する

किम् आसीत व्रजेत किम् ॥
kim āsīta vrajeta kim ||
キム アーシータ ヴラジェータ キム
どのように坐し、どのように歩むだろうか


kim【中性・単数・主格、疑問代名詞】何が、誰が、なぜ、どんな、どのように
āsīta【三人称・単数・アートマネーパダ・願望法 √ās】[彼は~だろう、彼は~するべき]坐す;住する、止まる;住居を構う;屯営する;休む、留まる、横たわる
vrajeta【三人称・単数・アートマネーパダ・願望法 √vraj】[彼は~だろう、彼は~するべき]行く、歩む、進む、旅行する、動く;達する

अर्जुन उवाच ।
स्थितप्रज्ञस्य का भाषा समाधिस्थस्य केशव ।
स्थितधीः किं प्रभाषेत किमासीत व्रजेत किम् ॥ ५४ ॥

arjuna uvāca |
sthitaprajñasya kā bhāṣā samādhisthasya keśava |
sthitadhīḥ kiṁ prabhāṣeta kimāsīta vrajeta kim || 54 ||
アルジュナは尋ねました。
「クリシュナよ、智慧が定まり、三昧に留まる人の特徴はどのようなものでしょうか。
叡知が確立した人は、どのように語り、どのように坐し、どのように歩むのでしょうか。」

バガヴァッド・ギーター第2章第53節

2010.06.20 Sunday

श्रुतिविप्रतिपन्ना ते
śrutivipratipannā te
シュルティヴィプラティパンナー テー
聞くことに惑わされたあなたの(知性が)


śruti【女性】聞くこと、傾聴;音響、騒音;伝統的な宗教的教義、聖典(ヴェーダ)
vipratipannā【女性・単数・主格、過去受動分詞 vi-prati√pad】惑わされた、当惑した、困惑した;誤り、間違い、相違
→śrutivipratipannā【女性・単数・主格、限定複合語】聞くことに惑わされた、聖典から乖離した、ヴェーダの教義を軽視した
te【単数・属格、二人称代名詞 tvad】あなたの

यदा स्थास्यति निश्चला ।
yadā sthāsyati niścalā |
ヤダー スタースヤティ ニシュチャラー
不動のものとして確立する時


yadā【接続詞】~である時、~する時
sthāsyati【三人称・単数・パラスマイパダ・未来 √sthā】[それは~だろう]立つ;静止する;確立する、樹立する、創立する;固定する、決定する
niścalā【女性・単数・主格】不動の;安定した;不変の;不易の

समाधावचलाबुद्धिस्
samādhāvacalābuddhis
サマーダーヴァチャラーブッディス
三昧において動じない知性が


samādhau【男性・単数・処格、samādhi】(処格)に注意することにおいて、~に熱中していることにおいて;(最高我への)深い瞑想において、深い専心において;三昧において
acalā【女性・単数・主格】不動の、動じない、動かない;山、岩
buddhis【女性・単数・主格】知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定

तदा योगम् अवाप्स्यसि ॥
tadā yogam avāpsyasi ||
タダー ヨーガム アヴァープスヤシ
そのとき、あなたはヨーガに達するだろう


tadā【副詞】そのとき、それから
yogam【男性・単数・対格】ヨーガに;実修に;精神の集中に、瞑想に
※ヨーガ:この場合も、平等の境地をさす。(上村勝彦注)
avāpsyasi【二人称・単数・パラスマイパダ・未来 ava√āp】[あなたは~だろう]獲得する、得る、入手する;(非難、不和、苦痛等を)被る、苦しむ

श्रुतिविप्रतिपन्ना ते यदा स्थास्यति निश्चला ।
समाधावचलाबुद्धिस् तदा योगमवाप्स्यसि ॥ ५३ ॥

śrutivipratipannā te yadā sthāsyati niścalā |
samādhāvacalābuddhis tadā yogamavāpsyasi || 53 ||
聞くことに惑わされていたあなたの知性が、不動のものとして確立し、
三昧において動じない時、あなたはヨーガに達するだろう。

バガヴァッド・ギーター第2章52節

2010.06.17 Thursday

यदा ते मोहकलिलं
yadā te mohakalilaṁ
ヤダー テー モーハカリラン
あなたの(知性が)、迷妄の誘惑を(克服する)とき


yadā【接続詞】~である時、~する時
te【単数・属格、二人称代名詞 tvad】あなたの
moha【男性】意識の喪失、当惑;迷妄、惑溺;愚行、誤謬
kalilam【男性・単数・対格】大きな堆積を、交錯を、混乱を、無秩序を
→mohakalilam【男性・単数・対格】迷妄の交錯を、迷妄の誘惑を、迷いの叢林を

बुद्धिर् व्यतितरिष्यति ।
buddhir vyatitariṣyati |
ブッディル ヴィヤティタリッシャティ
知性が、克服する


buddhis【女性・単数・主格】知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
vyatitariṣyati【三人称・単数・パラスマイパダ・未来 vi-ati√tṝ】[それは~だろう]越えて横切る、克服する

तदा गन्तासि निर्वेदं
tadā gantāsi nirvedaṁ
タダー ガンターシ ニルヴェーダン
そのとき、あなたは無関心になるだろう


tadā【副詞】そのとき、それから
gantāsi【二人称・単数・パラスマイパダ・複合未来 √gam】[あなたは~だろう]行く、動く、歩む;去る、来る;止む、死す;~に近づく、~に達する、~を得る
nirvedam【男性・単数・対格】~に関しての嫌悪に;現世からの超脱に、無関心に;絶望に、臆病に

श्रोतव्यस्य श्रुतस्य च ॥
śrotavyasya śrutasya ca ||
シュロータヴィヤッスヤ シュルタッスヤ チャ
これから聞くだろうことと、すでに聞いたことの


śrotavyasya【男性・単数・属格、未来受動分詞(動詞的形容詞、義務分詞) √śru】聞くだろうこと、今後聞くこと、聞かれるべきこと
śrutasya【男性・単数・属格、過去受動分詞 √śru】聞いたこと、すでに聞いたこと
ca【接続詞】そして、また、~と

यदा ते मोहकलिलं बुद्धिर्व्यतितरिष्यति ।
तदा गन्तासि निर्वेदं श्रोतव्यस्य श्रुतस्य च ॥ ५२ ॥

yadā te mohakalilaṁ buddhirvyatitariṣyati |
tadā gantāsi nirvedaṁ śrotavyasya śrutasya ca || 52 ||
あなたの知性が、迷妄の誘惑を克服するとき、
これから聞くだろうことと、すでに聞いたことを気にかけなくなるだろう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227