カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
  

カテゴリー

コメント

記事一覧

Feed

バガヴァッド・ギーター第4章第24節

2012.02.28 Tuesday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

ब्रह्मार्पणं ब्रह्म हविर्
brahmārpaṇaṁ brahma havir
ブラフマールパナン ブラフマ ハヴィル
ブラフマン(最高原理)は献供であり、ブラフマンは供物である


brahma【中性・単数・主格 brahman】[~は、~が]聖智に満ちた者、婆羅門;祭官とくにヴェーダ祭式を総監する祭官;ブラフマンを神格化した最高神、梵天、宇宙の創造者として保持者ヴィシュヌおよび破壊神シヴァとともにトリムルティを形成する;理性
arpaṇam【中性・単数・主格 arpaṇa】[~は、~が]上に置く、与える;伝送する、託する 【中性名詞】投げること;貫通すること;交付;譲渡;還付;献納、献供
brahma【中性・単数・主格 brahman】[~は、~が]ブラフマン(最高原理)、梵
havis【中性・単数・主格 havis】[~は、~が](穀物、ソーマ、乳、バターのように)火中に投げられる供物;火

ब्रह्माग्नौ ब्रह्मणा हुतम् ।
brahmāgnau brahmaṇā hutam |
ブラフマーグナウ ブラフマナー フタム
ブラフマンである火の中に、ブラフマンによって捧げられる


brahma【中性 brahman】ブラフマン(最高原理)、梵天
agnau【男性・単数・処格 agni】[~において、~のなかで]火;火災;アグニ神
→brahmāgnau【男性・単数・処格、限定複合語】[~において、~のなかで]ブラフマンの火、ブラフマンである祭火
brahmaṇā【中性・単数・具格 brahman】[~によって、~をもって]ブラフマン(最高原理)、梵天
hutam【中性・単数・対格 huta√huの過去受動分詞)】[~に、~を]供物を捧げること、献供

ब्रह्मैव तेन गन्तव्यं
brahmaiva tena gantavyaṁ
ブラフマイヴァ テーナ ガンタヴィヤン
それによって実にブラフマンに達する


brahma【中性・単数・対格 brahman】[~に、~を]ブラフマン(最高原理)、梵天
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
tena【中性・単数・具格、指示代名詞 tad】[~によって、~をもって]それ、あれ
gantavyam【絶対分詞 √gam】[~して、~してから]行く、動く、歩む;去る、来る;止む、死す;過ぎる、経過する;横切る;(対格、為格、処格)に赴く、~に近づく、~に達する、~を得る;知覚する

ब्रह्मकर्मसमाधिना ॥
brahmakarmasamādhinā ||
ブラフマカルマサマーディナー
ブラフマンの行為に専心する人によって


brahmakarma【中性 brahmakarman】婆羅門の任務;祭官の職務;ブラフマンの行為、ブラフマンである祭式
samādhinā【男性・単数・具格 samādhi】[~によって、~をもって]組み合わせること、結合させること;(首の)関節;結合、組合せ、連合;実行;調整、決定、解決;正当化、釈明;論証;(処格)に注意すること、熱中していること;(最高我への)深い瞑想、深い専心;三昧
→brahmakarmasamādhinā【男性・単数・具格、所有複合語】[~によって、~をもって]ブラフマンである行為へ瞑想する人、ブラフマンの祭式に専心する人

ब्रह्मार्पणं ब्रह्म हविर्ब्रह्माग्नौ ब्रह्मणा हुतम् ।
ब्रह्मैव तेन गन्तव्यं ब्रह्मकर्मसमाधिना ॥२४॥

brahmārpaṇaṁ brahma havirbrahmāgnau brahmaṇā hutam |
brahmaiva tena gantavyaṁ brahmakarmasamādhinā ||24||
ブラフマンは献供であり、ブラフマンは供物である。
ブラフマンである火の中に、ブラフマンによって捧げられる。
ブラフマンの行為に専心する人は、実にブラフマンに達する。

バガヴァッド・ギーター第4章第23節

2012.02.27 Monday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

गतसङ्गस्य मुक्तस्य
gatasaṅgasya muktasya
ガタサンガッスヤ ムクタッスヤ
執着から離れ、束縛から解放され


gata【男性 √gamの過去受動分詞】行った、来た、~に陥った、~に於ける、~の中にある、~に含まれた;消えた、失われた;剥奪させられた、~を免れた
saṅgasya【男性・単数・属格 saṅga】[~の、~にとって]粘着、妨害;~に執着(または)接触すること
→gatasaṅgasya【男性・単数・属格 gatasaṅga】[~の、~にとって]執着から離れた、無執着な
muktasya【男性・単数・属格 mukta√mucの過去受動分詞)】[~の、~にとって](具格、従格)から放たれた、~から釈放された;ゆるめられた、離された、落下した;弛緩した;捨てられた、中止された;罪(または)存在の束縛から逃れた、解脱した

ज्ञानावस्थितचेतसः ।
jñānāvasthitacetasaḥ |
ジュニャーナーヴァスティタチェータサハ
心が知識において安定し


jñāna【中性】知ること;知識;真の知識、優れた知識;知恵;企図;仮定;意識;感覚器官
avasthita【ava√sthāの過去受動分詞】~に存する・置かれた・配置された・含まれた;~に従事している・で忙しい・に献身した;確固とした;固く決心した;着実な、信頼するに足る
cetasas【中性・単数・属格 cetas】[~の、~にとって]様子;光輝;自覚;知能;感官;心、精神、意志
→jñānāvasthitacetasas【中性・単数・属格、所有複合語】[~の、~にとって]心が知識において確立した、心が知識に安定した

यज्ञायाचरतः कर्म
yajñāyācarataḥ karma
ヤジュニャーヤーチャラタハ カルマ
祭祀のために行為している人にとって


yajñāya【男性・単数・為格 yajña】[~に、~のために](祈祷または讃歌をもってする)崇拝;祭式の儀礼、祭式
ācaratas【男性・属格・主格 ā√carの現在分詞】[~している(人)にとって](対格)に近づく;往来する;(対格)に頼る;用いる、使う;振る舞う、行う;取り扱う;交際する;始める、遂行する
karma【中性・単数・対格 karman】[~に、~を]行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業

समग्रं प्रविलीयते ॥
samagraṁ pravilīyate ||
サマグラン プラヴィリーヤテー
それは完全に消滅する


samagram【samagraの副詞形】全く、完全に、全体に、すべて、ことごとく
pravilīyate【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 pra-vi-√lī】[彼は~、それは~]見えなくなる、分解される、破壊される

गतसङ्गस्य मुक्तस्य ज्ञानावस्थितचेतसः ।
यज्ञायाचरतः कर्म समग्रं प्रविलीयते ॥२३॥

gatasaṅgasya muktasya jñānāvasthitacetasaḥ |
yajñāyācarataḥ karma samagraṁ pravilīyate ||23||
執着から離れ、束縛から解放され、心が知識において安定し、
祭祀のために行為している人にとって、行為は完全に消滅する。

バガヴァッド・ギーター第4章第22節

2012.02.26 Sunday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

यदृच्छालाभसंतुष्टो
yadṛcchālābhasaṁtuṣṭo
ヤドリッチャーラーバサントゥシュトー
偶然に得たものに満足し


yadṛcchā【女性・単数・主格 yadṛcchā】偶然、不意;自然発生的な現象
lābha【男性】発見、会合;~の獲得、取得;所得、利得、利益;得られた物、獲得物;捕獲;理解、知識
saṁtuṣṭas【男性・単数・主格 saṁtuṣṭa√tuṣの過去受動分詞)】満足した、充足した;(具格)をもって満足させられた
→lābhasaṁtuṣṭo【男性・単数・主格、所有複合語】得たものに満足した

द्वंद्वातीतो विमत्सरः ।
dvaṁdvātīto vimatsaraḥ |
ドヴァンドヴァーティートー ヴィマツサラハ
相対を超越し、妬むことなく


dvaṁdva【中性】一対、夫婦、夫と妻、男性と女性;(熱と冷、喜と悲など)反対するものの対;喧嘩、争い;決闘;疑念、困惑;並列合成語(相違釈)
atītas【男性・単数・主格 atīta(ati-√iの過去受動分詞)】過ぎ去った、過去の
→dvaṁdvātītas【男性・単数・主格、所有複合語】相対的なもの(寒暑・苦楽・喜怒等)を超越した
vimatsaras【男性・単数・主格 vimatsara】嫉妬を離れた;利他的な

समः सिद्धाव् असिद्धौ च
samaḥ siddhāv asiddhau ca
サマハ シッダーヴ アシッダウ チャ
成功と不成功を等しく見る人は


samas【男性・単数・主格 sama】~に関して類似の・似た・等しい・同等の・同じ・同一の;不変の;中等の
siddhau【女性・単数・処格 siddhi】[~において、~のなかで]完成、遂行、履行、完全なる達成、成功;成就、解脱
asiddhau【女性・単数・処格 asiddhi】[~において、~のなかで]不成就;失敗、不成功;不確定
ca【接続詞】そして、また、~と

कृत्वा ऽपि न निबध्यते ॥
kṛtvā 'pi na nibadhyate ||
クリトヴァー ピ ナ ニバディヤテー
行為しつつも、束縛されない


kṛtvā【絶対分詞 √kṛ】[~して、~してから]為す、作る、遂行する、用いる
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
na【否定辞】~でない
nibadhyate【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 ni√bandh】[彼は~、それは~](処格)に縛る、しっかり締める、(処格)に糸を張る;自身に固定する・着る;捕らえる;抑止する、抑制する、禁固する;(処格)に定着する、鋲でとめる

यदृच्छालाभसंतुष्टो द्वंद्वातीतो विमत्सरः ।
समः सिद्धावसिद्धौ च कृत्वाऽपि न निबध्यते ॥२२॥

yadṛcchālābhasaṁtuṣṭo dvaṁdvātīto vimatsaraḥ |
samaḥ siddhāvasiddhau ca kṛtvā'pi na nibadhyate ||22||
偶然に得たものに満足し、相対を超越し、妬むことなく、
成功と失敗を等しく見る人は、行為しつつも、束縛されない。

バガヴァッド・ギーター第4章第21章

2012.02.25 Saturday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

निराशीर् यतचित्तात्मा
nirāśīr yatacittātmā
ニラーシール ヤタチッタートマー
欲望なく、心身を制御する人は


nirāśīs【男性・単数・主格 nirāśis】希望・願望をもたない、絶望した、無関心な
yata【男性 yata√yamの過去受動分詞)】抑制された、制御された、阻止された
citta【中性】注意;思考、思想;目的、意志;精神、心、知性、理性
ātmā【男性・単数・主格 ātman】[~は、~が]気息;霊魂;生命、自身;本質、本性;特色;身体;知性、悟性;我、最高我
→yatacittātmā【男性・単数・主格、所有複合語】[~は、~が]心身を制御する

त्यक्तसर्वपरिग्रहः ।
tyaktasarvaparigrahaḥ |
ティヤクタサルヴァパリグラハハ
すべての所有を手放した人は


tyakta√tyajの過去受動分詞】放棄した、捨てた、手放した
sarva【形容詞】すべての、一切の、あらゆる
parigrahas【男性・単数・主格 parigraha】[~は、~が]抱擁;包含;着用すること;装うこと;取得;把握;受納、受領;(従格)から引き出すこと;入手、獲得、所有;容認、収容;懇切な接待;結婚すること、結婚
→tyaktasarvaparigrahas【男性・単数・主格】[~は、~が]すべての所有を手放した

शारीरं केवलं कर्म
śārīraṁ kevalaṁ karma
シャーリーラン ケーヴァラン カルマ
ただ身体的行為のみを


śārīram【中性・単数・対格 śārīra】身体の、有形の、身体に属する、身体に関する、身体の中に存する
kevalam【中性・単数・対格 kevala】(為格、属格)に専らの;唯、のみの、単なる、それのみの、他を除ける、純粋の、混じらない;孤立した、絶対の;全き、完全な;すべての、あらゆる
karma【中性・単数・対格 karman】[~に、~を]行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業

कुर्वन् नाप्नोति किल्बिषम् ॥
kurvan nāpnoti kilbiṣam ||
クルヴァン ナープノーティ キルビシャム
行い、彼は罪を得ることはない


kurvan【男性・単数・主格 kurvat√kṛの現在分詞)】[~している]為す、動作する;現在の、活動する
na【否定辞】~でない
āpnoti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √āp】[彼は、それは]到達する、獲得する、成し遂げる;遭遇する、蒙る、関係する、耐え忍ぶ;起こる
kilbiṣam【中性・単数・対格 kilbiṣa】[~に、~を]違犯、犯罪、罪悪;不正、危害

निराशीर्यतचित्तात्मा त्यक्तसर्वपरिग्रहः ।
शारीरं केवलं कर्म कुर्वन्नाप्नोति किल्बिषम् ॥२१॥

nirāśīryatacittātmā tyaktasarvaparigrahaḥ |
śārīraṁ kevalaṁ karma kurvannāpnoti kilbiṣam ||21||
欲望なく、心身を制御し、すべての所有物を手放して、
ただ身体的行為のみを行う人は、罪を得ることはない。

バガヴァッド・ギーター第4章第20節

2012.02.24 Friday

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

त्यक्त्वा कर्मफलासङ्गं
tyaktvā karmaphalāsaṅgaṁ
ティヤクトヴァー カルマパラーサンガン
行為の結果への執着を捨て


tyaktvā【絶対分詞 √tyaj】[~して、~してから]罷る、見捨てる;棄てる;手放す;遺棄する;(場所より)去る;(人を)避ける;放置する、放つ;断念する、離れる、捨てる、護る
karma(=karman)【中性】行為、作業;作用、職業;儀式;結とら運命(前世に行った行為の結果)、業
phala【中性】果実;(果実の)核;結果;報い、報酬、利益、果報;報復、罰、損失、不利益;利得、享受;代償
āsaṅgam【男性・単数・対格 āsaṅga】[~に、~を]捉えること;~に対する執着・耽溺
→karmaphalāsaṅgam【男性・単数・対格、限定複合語】[~に、~を]行為の結果に対する執着

नित्यतृप्तो निराश्रयः ।
nityatṛpto nirāśrayaḥ |
ニッティヤトリプトー ニラーシュラヤハ
常に満足し、他に頼らない人は


nitya【副詞】恒久的に、不易に、常に;不変に
tṛptas【男性・単数・主格 tṛpta√tṛpの過去受動分詞)】~をもって満足する、~をもって充足する
nirāśrayas【男性・単数・主格 nirāśraya】[~は、~が]庇護のない、支持されない;孤独の、独立の;保護されない

कर्मण्य् अभिप्रवृत्तो ऽपि
karmaṇy abhipravṛtto 'pi
カルマニ アビプラヴリットー ピ
行為に従事しても


karmaṇi【中性・複数・処格 karman】[~において、~のなかで]行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業
abhipravṛttas【男性・単数・主格 abhipravṛttaabhi-pra-√vṛt)の過去受動分詞】起こる;(処格)に従事した・専念した
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお

नैव किंचित् करोति सः ॥
naiva kiṁcit karoti saḥ ||
ナイヴァ キンチット カローティ サハ
彼は何も行為しない


na【否定辞】~でない
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
kiṁcit【中性・単数・主格 kimcid(不定代名詞 kim+cid)】幾分か、少し
karoti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √kṛ】[彼は~、それは~]為す、作る、遂行する、用いる
sas【男性・単数・主格、指示代名詞 tad】[~は、~が]これ、あれ、彼

त्यक्त्वा कर्मफलासङ्गं नित्यतृप्तो निराश्रयः ।
कर्मण्यभिप्रवृत्तोऽपि नैव किंचित्करोति सः ॥२०॥

tyaktvā karmaphalāsaṅgaṁ nityatṛpto nirāśrayaḥ |
karmaṇyabhipravṛtto'pi naiva kiṁcitkaroti saḥ ||20||
行為の結果への執着を捨て、常に満足し、他に頼らない人は、
たとえ行為に従事しても、何も行為をしていない。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227